[M&Aの現場から]

2022年12月号 338号

(2022/11/10)

【CrossOver法律事務所】M&A案件・スタートアップのIPO支援に多くの知見

尾下 大介(代表弁護士)
青野 雅朗(弁護士)
  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
(右から)尾下大介代表弁護士、牛之濱将太弁護士、吉川翔子弁護士、青野雅朗弁護士

(右から)尾下大介代表弁護士、牛之濱将太弁護士、吉川翔子弁護士、青野雅朗弁護士

 CrossOver法律事務所は、尾下大介弁護士・公認会計士によって2019年に設立された。スタートアップ企業の上場準備の段階から上場後の支援、M&A案件を得意とする法律事務所である。

 「私は、2000年監査法人トーマツでIPOを支援する会計士としてキャリアをスタートさせ、その後、長島・大野・常松法律事務所(東京、ニューヨーク)で弁護士としてM&A案件を中心とする業務に携わってきました。ニューヨークから東京に戻った後、東京証券取引所(日本取引所自主規制法人)上場審査部の第1号弁護士として多くの上場申請企業のコンプライアンス・ガバナンスの論点に関与したのですが、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事