[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

2024年3月号 353号

(2024/02/09)

【日本共創プラットフォーム】南紀勝浦エリアの観光の中核を担う「浦島観光ホテル」の買収で地域活性化を図る――傘下の南紀白浜空港とのシナジー効果も

  • A,B,C,EXコース
浜村伸二 日本共創プラットフォーム執行役員(左)と安藤聡昭 同アソシエイト

浜村伸二 日本共創プラットフォーム執行役員(左)と安藤聡昭 同アソシエイト

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」という圧巻のロケーション

 日本共創プラットフォーム(以下「JPiX」)は、浦島観光ホテルの全株式を、2023年12月に取得した。

 浦島観光ホテルは1956年の創業。和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の「ホテル浦島」を筆頭に4つのホテル・旅館を経営し、長年にわたり南紀勝浦エリアの観光の中核を担ってきた。各施設は、いずれも世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に位置し、圧巻のロケーションを誇る大洞窟温泉忘帰洞をはじめとした那智勝浦温泉、熊野の清流から湧き出るユニークな川湯温泉を代表する宿として、多くの国内外の観光客に親しまれている。

 JPiXは、経営共創基盤(以下「IGPI」)グループとして2020年5月に設立された。IGPIは、2007年に産業再生機構の業務執行最高責任者であった冨山和彦氏の下、従来の戦略型コンサルティングファームとは異なり、新規事業創出から事業の成長加速、事業変革・事業再生まであらゆるフェーズの支援を徹底したハンズオンで行うコンサルティングファームで、企業投資やベンチャー投資などの投資業も行っている。2009年3月に設立した「みちのりホールディングス」では福島交通(福島県)、茨城交通(茨城県)、関東自動車(栃木県)などのバス会社や湘南モノレール(神奈川県)といった鉄軌道会社を傘下に収め、バリューアップに取り組んだ例が有名だ。冨山氏は、2020年10月よりIGPIグループの会長に就任。JPiXの代表取締役社長にも就いている。JPiXは、みちのりホールディングスのほか南紀白浜エアポートの運営もIGPIから引き継いだ。

 今回の浦島観光ホテルの買収、JPiXの機能について、浜村伸二執行役員、安藤聡昭 同アソシエイトに聞いた。

<インタビュー>
地域において大事な企業と共に持続的な成長を目指す

 浜村 伸二(日本共創プラットフォーム 執行役員)
 安藤 聡昭(同 アソシエイト)

<目次>
  • 浦島観光ホテル買収の経緯
  • JPiXの機能
  • 浦島観光ホテルグループの魅力
  • 南紀白浜空港とのシナジー効果
  • 浦島観光ホテルグループの新たな経営体制
  • マーケットの見通し
  • 地震対策などの災害対応
  • 今後の取り組みについて
浦島観光ホテル買収の経緯

―― 日本共創プラットフォーム(以下「JPiX」)は2023年12月、和歌山県内で4つのホテル・旅館を経営している浦島観光ホテルの全株式を譲受されました。本案件の経緯について、詳しくお聞かせください。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング