レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

ハンズオン
英語:Hands-on
ハンズオン(hands-on)とは、「自ら直接行う」を意味し、M&Aにおける例として、PEファンドやベンチャー・キャピタルが自らの役職員を投資先企業の取締役や事業の重要なポストに就任させる、事業面での改善について自ら提案・実行するなど経営に直接的に関与することが挙げられる。この場合、逆に直接的に経営に関与しない姿勢のことをハンズオフ(hands-off)という。

関連記事

座談会・インタビュー

2018年3月号 281号

[対談・座談会]

[座談会] 第4次産業革命と大企業・ベンチャー連携によるオープンイノベーション戦略

【出席者】(五十音順)
 菅原 晶(三井不動産 ベンチャー共創事業部長)
 永江 剛史(住友林業 新事業戦略開発室長)
 百合本 安彦(グローバル・ブレイン 代表取締役社長)
 司会・構成 池田耕造(編集委員)

M&A戦略・実務

2015年4月号 246号

[ポストM&A戦略]

第76回 買収後のガバナンスの全体設計

 竹田 年朗(マーサー ジャパン グローバルM&Aコンサルティング プリンシパル)

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム