レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

公正性担保措置
英語:Fairness Ensuring Measures
公正性担保措置とは、M&Aにおける「取引条件の公正さを担保することに資する実務上の具体的対応」(注1)をいう。

MBO(マネジメント・バイアウト)と支配株主による従属会社の買収(親子上場の解消など)は、構造的な利益相反の問題と情報の非対称性の問題が存在する。この2つの取引の公正さを担保するための措置として、「公正なM&Aの在り方に関する指針」(M&A指針)において提示された。

典型的な措置として以下の事項が挙げられている(番号はM&A指針の条項に基づく。注2)。

(3.2) 独立した特別委員会の設置
(3.3) 外部専門家の独立した専門的助言等の取得
(3.4) 他の買収者による買収提案の機会の確保(マーケット・チェック
(3.6) 一般株主への情報提供の充実とプロセスの透明性の向上
(3.7) 強圧性の排除


(注1)経済産業省 「公正なM&Aの在り方に関する指針-企業価値向上と株主利益の確保に向けてー」 5頁
(注2)同上 19-46頁


最終更新日 2021/2/28

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム