レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

マーケット・チェック
英語:Market Check
M&Aにおけるマーケット・チェックとは、「M&Aにおいて他の潜在的な買収者による対抗的な買収提案が行われる機会を確保すること」(1)をいう。

マジョリティ・オブ・マイノリティ条件などと同様に、公正性担保措置(M&Aの取引条件の公正さを担保するための実務上の具体的な対応)の一つである。

積極的なマーケット・チェックとして、①入札手続や複数の潜在的候補者への個別の打診を行う方法と、②合意・公表後一定期間、対抗提案を積極的に勧誘する方法(ゴーショップ, go shop)がある。

間接的なマーケット・チェックとしては、①対抗提案が可能な期間を確保し、②対抗提案者が実際に出現した場合に、その提案を過度に制限するような合意を行わないといった対応が挙げられる(いずれも参考文献参照のこと)。

参考
(1) 経済産業省 公正なM&Aの在り方に関する研究会 『公正なM&Aの在り方に関する指針-企業価値の向上と株主利益の確保に向けて-』 35頁(2019/6)



最終更新日 2020/10/29


関連記事

企業研究

2020年12月号 314号

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

【ベインキャピタルの担当者が語る】ニチイ学館MBOの経緯と成長戦略

視点・寄稿

2020年10月号 312号

[寄稿・寄稿フォーラム]

新M&A指針公表後の実務

玉井 裕子(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)
西村 修一(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)
濱口 耕輔(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)

座談会・インタビュー

2020年4月号 306号

[対談・座談会]

[座談会]「公正なM&Aの在り方に関する指針」下における実務上の課題

【出席者(敬称略)】
Ken Lebrun(デービス・ポーク・アンド・ウォードウェル外国法事務弁護士事務所 パートナー)
今関 源規(三菱UFJモルガン・スタンレー証券 投資銀行本部 M&Aアドバイザリー・グループ マネージングディレクター)
西村 修一(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)
濱口 耕輔(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)(司会)

視点・寄稿

2019年9月号 299号

[寄稿・寄稿フォーラム]

『公正なM&Aの在り方に関する指針』の解説

玉井 裕子(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)
西村 修一(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)
濱口 耕輔(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)

座談会・インタビュー

2018年6月号 284号

[対談・座談会]

[座談会] M&Aアクティビズムの実際と対応のあるべき姿

【出席者】(五十音順)
 今関 源規(三菱UFJモルガン・スタンレー証券 マネージングディレクター)
 デイビッド スナイダー(シンプソン サッチャー アンド バートレット外国法事務弁護士事務所 パートナー弁護士)
 古田 温子(アイ・アール ジャパン 投資銀行第三本部長)
 石綿 学(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士) (司会)

五十音順

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム