M&A専門誌マール

2017年3月号 269号 : M&Aの現場から

【DCMベンチャーズ】日本のメガベンチャーを育成するシリコンバレー発VC

 本多 央輔(日本代表、ゼネラルパートナー)

本多 央輔氏   DCMベンチャーズ(以下DCM)は、1996年IT事業に特化したベンチャーキャピタルファンドとして米国シリコンバレーで設立された。設立以来、主にアーリーステージ(創業初期)企業に投資をしているが、これに加え一部戦略的に創業中期以降の企業にも投資を実行している。シリコンバレーのほか、北京、東京、上海にオフィスを構え、これまでに米国やアジアの300社を越えるテクノロジーベンチャーに投資を実行、累積運用総額は約3500億円に上っている。現在運用しているファンドは、2016年7月に組成した8号ファンド約530億円のほか、100億円規模のシードステージ・新興テクノロジーファンド(A-Fund2)、170億円規模のレイターステージ向けファンド(Turbo Fund)の合わせて3ファンド、約800億円。

「基本的に、すべての投資案件の意思決定は5人のグローバルなゼネラルパートナーがそれぞれ1票を投じて決めます。ゼネラルパートナーは、米国に共同創業者のデイビット・チャオともう1人、それから中国に2人、それと私です」

  こう語るのは本多央輔(おうすけ)・日本代表、ゼネラルパートナー。1974年生まれ。一橋大学法学部卒業、96年三菱商事に入社。自動車の海外営業、事業投資等を経験後、e-businessの企画・推進、投資関連業務、新規事業・新機能開発等の業務に従事。その後、04年エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)を経て、07年DCMに転じ、ゼネラルパートナー、日本代表に就任した。

「日本のベンチャー企業には96年の創業当時から投資していますが、最近はいい意味で日本のベンチャービジネスの環境が変わってきていると考えています。今までのように、とりあえず上場して時価総額が20~30億円ついてよかったということではなく、いわゆるメガベンチャーといえる企業が出てくる状況になってきました。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
人(インタビュー) , 投資ファンド , M&Aプレイヤー , 池田耕造

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る

■好評受付中! 第16回マールM&Aセミナー|2017年4月20日(木)開催|企業再生成功の秘訣 ~東ハト、ヨウジヤマモト社の事例から~
■相続と事業承継M&A -成功と失敗の分水嶺|株式会社レコフ|2017年4月18日(火)開催
日本企業のM&A戦略分析ツール|レコフM&Aデータベース|無料トライアル|日本企業のM&Aデータを5万件超を収録|日本のM&A市場、業界再編動向、企業戦略などの分析ツール

  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。
レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2016」(M&Aレポート2016)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop