M&A専門誌マール

2008年1月号 159号 : 寄稿・寄稿フォーラム

企業支配権市場と日本の企業統治 有料記事です

早稲田大学商学学術院・教授/早稲田大学高等研究所副所長/経済産業研究所(RIETI)/ファカルティフェロー 宮島英昭

企業支配権市場と日本の企業統治

1990年末から日本経済は、戦後の経済発展のなかではじめて合併・買収の大きなブームを迎えた。さらに、2000年代に入るとアクティビスト・ファンドの活動(大量株式取得・敵対的TOB)が活発化となり、大きな社会的注目を集めた。また、最近のM&Aの注目すべき特徴は、従来の相対の取引と並んで、LBO、MBO、完全子会社化などのTOBを用いた取引が増加し、買収価格をめぐる係争も目立ち始めたことである。企業をめぐる売買は恒常化し、日本でも企業支配権市場(the market for corporate control)が形成されつつある。いまやこの企業支配権市場への対応が、取締役改革や業績連動報酬の導入などの設計問題と並んで、日本企業の企業統治をめぐる問題の焦点となった。では、今後の日本企業の企業統治において、M&A市場、とくに、敵対的買収やTOBはいかに位置づけられるべきなのか。M&A市場はどのようなケースでとくに日本企業の経営の規律づけや構造調整に寄与するのか。この小論では、こうしたM&A市場と企業統治の関係という問題を考えてみたい(注1)。

 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
TOB , 投資ファンド

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
<速報>公表アドバイザー情報

■M&A用語集

  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます

次号予告と編集後記|M&A専門誌マール

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら

 

M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop