レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A関連本紹介]

(2019/09/04)

ファンドを活用する事業承継

更なる成長を目指して

西野 貴司 /著
著者名:西野 貴司
出版社名:日本グロース・キャピタル
定価:1,650円
発行日:2019年09月04日
サイズ:B6判・221頁
詳細・ご購入はこちら(外部サイトが開きます)
M&Aで事業承継を考える中小企業の新たな選択肢「ファンド」。豊富なM&Aの実績を持つ現役ファンドマネジャーが「ファンド」の活用方法を分かりやすく解説。前著「どうする?事業承継・M&A」の内容に加え、事業承継を考える経営者が知っておきたい数々の疑問に、著者自身がお答えする充実のQ&Aを加筆掲載!

※SankeiBiz書籍紹介ページ
https://www.sankeibiz.jp/workstyle/news/190913/ecf1909130500001-n1.htm

関連記事

バックナンバー

おすすめ記事

【第7回】売手に法人株主がいる場合に検討すべき株価の圧縮方法とは

スキルアップ

[【事業承継】中堅中小企業の事業承継M&A ~会計税務の実務上の頻出論点~(M&Aキャピタルパートナーズ)]

NEW 【第7回】売手に法人株主がいる場合に検討すべき株価の圧縮方法とは

桜井 博一(M&Aキャピタルパートナーズ 企業情報第二部 公認会計士・税理士)

【冨山和彦氏が直言】アスクル問題で支配的株主の“一線を越えた”ヤフーが突き付けたもの

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

【冨山和彦氏が直言】アスクル問題で支配的株主の“一線を越えた”ヤフーが突き付けたもの

冨山 和彦(日本取締役協会副会長、株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム