レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

マールインタビュー

No.185 国際商事法務の「軍師」として経営者の信頼を得る

座談会・インタビュー

2016年4月号 258号

No.185 国際商事法務の「軍師」として経営者の信頼を得る

 長谷川 俊明(長谷川俊明法律事務所 弁護士)

No.184 経営統合を成し遂げ、日本発のグローバルファームの実現を目指す

座談会・インタビュー

2016年3月号 257号

No.184 経営統合を成し遂げ、日本発のグローバルファームの実現を目指す

 梅津 立(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士、元代表者)

No.183 幻に終わった日米半導体関連大統合から複数議決権種類株式まで新領域を切り開く

座談会・インタビュー

2016年2月特大号 256号

No.183 幻に終わった日米半導体関連大統合から複数議決権種類株式まで新領域を切り開く

 戸嶋 浩二(森・濱田松本法律事務所 弁護士)

No.182 米系投資銀行でのFA経験を生かし、実践的M&A成功法を伝道する

座談会・インタビュー

2016年1月号 255号

No.182 米系投資銀行でのFA経験を生かし、実践的M&A成功法を伝道する

 服部 暢達(一橋大学大学院国際企業戦略研究科、早稲田大学大学院ファイナンス研究科客員教授)

No.181 グローバル資本主義に対応するため日本も会社法制に経営判断の原則を

座談会・インタビュー

2015年12月号 254号

No.181 グローバル資本主義に対応するため日本も会社法制に経営判断の原則を

 森田 章(同志社大学法科大学院 教授)

No.180 良心による日本型企業統治の意義と有用性を世界に発信する

座談会・インタビュー

2015年11月号 253号

No.180 良心による日本型企業統治の意義と有用性を世界に発信する

 田中 一弘(一橋大学大学院商学研究科 教授)

No.179 組織再編成税制の生みの親が租税回避の実務と理論に警鐘ならす

座談会・インタビュー

2015年10月号 252号

No.179 組織再編成税制の生みの親が租税回避の実務と理論に警鐘ならす

 朝長 英樹(日本税制研究所代表理事、朝長英樹税理士事務所所長)

No.178 学問と実務での知見を融合してIFRSを考える

座談会・インタビュー

2015年9月号 251号

No.178 学問と実務での知見を融合してIFRSを考える

 秋葉 賢一(早稲田大学 商学学術院 大学院会計研究科 教授)

No.177 経営者の報酬の意義を見直し、法的規律の改革を提言する

座談会・インタビュー

2015年8月号 250号

No.177 経営者の報酬の意義を見直し、法的規律の改革を提言する

 伊藤 靖史(同志社大学 法学部 教授)

No.176 立法担当者として会社法改正の陣頭指揮をとる―企業結合法制はどこまで実現したのか

座談会・インタビュー

2015年4月号 246号

No.176 立法担当者として会社法改正の陣頭指揮をとる―企業結合法制はどこまで実現したのか

 坂本 三郎(法務省大臣官房参事官)

No.175 法と経済学も理解しながら日本型経営の水先案内人として企業の信頼を得る

座談会・インタビュー

2015年3月号 245号

No.175 法と経済学も理解しながら日本型経営の水先案内人として企業の信頼を得る

 中村 直人(中村・角田・松本法律事務所 弁護士)

No.174 クロスボーダーM&Aや税務実務の最前線に立つ

座談会・インタビュー

2015年2月特大号 244号

No.174 クロスボーダーM&Aや税務実務の最前線に立つ

 大石 篤史(森・濱田松本法律事務所 弁護士)

No.173 1株1議決権原則の意義を解明し、議決権配分の柔軟化の時代の到来に備える

座談会・インタビュー

2015年1月号 243号

No.173 1株1議決権原則の意義を解明し、議決権配分の柔軟化の時代の到来に備える

 加藤 貴仁(東京大学 大学院法学政治学研究科 准教授)

No.172 数多くのクロスボーダー案件で、内外の企業・ファンドの代理を務める

座談会・インタビュー

2014年12月号 242号

No.172 数多くのクロスボーダー案件で、内外の企業・ファンドの代理を務める

 藤本 欣伸(西村あさひ法律事務所 弁護士)

No.171 統合報告の正しい理解と責任ある投資の進展で資本主義の改革を提言

座談会・インタビュー

2014年11月号 241号

No.171 統合報告の正しい理解と責任ある投資の進展で資本主義の改革を提言

 水口 剛(高崎経済大学 経済学部 教授)

No.170 国際税務から敵対的TOBまでM&Aの最前線を駆け巡る

座談会・インタビュー

2014年10月号 240号

No.170 国際税務から敵対的TOBまでM&Aの最前線を駆け巡る

 太田 洋(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士、東京大学大学院 法学政治学研究科 教授)

No.169 株式買取請求権の理論と実証研究などで日本のM&Aを前進させる方策を提言

座談会・インタビュー

2014年9月号 239号

No.169 株式買取請求権の理論と実証研究などで日本のM&Aを前進させる方策を提言

 飯田 秀総(神戸大学大学院 法学研究科 准教授)

No.168 法律学と会計学の交錯領域の問題を解明し、会社法やM&Aでも提言する

座談会・インタビュー

2014年8月号 238号

No.168 法律学と会計学の交錯領域の問題を解明し、会社法やM&Aでも提言する

 弥永 真生(筑波大学 ビジネス科学研究科 教授)

No.167 日本のM&Aの成功率は5割――実証研究の第一人者が検証し、課題を提示

座談会・インタビュー

2014年5月号 235号

No.167 日本のM&Aの成功率は5割――実証研究の第一人者が検証し、課題を提示

 井上 光太郎(東京工業大学大学院 社会理工学研究科 経営工学専攻 教授)

No.166 法務省に出向し、会社法の改正法案の作成に尽力する

座談会・インタビュー

2014年4月号 234号

No.166 法務省に出向し、会社法の改正法案の作成に尽力する

 髙木 弘明(西村あさひ法律事務所 弁護士、前法務省民事局参事官室局付)



M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ
M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム