レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2015年4月号 246号

(2015/03/15)

【マージャーマーケット】 世界65の拠点、約500人の記者がM&Aを中心としたインテリジェンスを提供

 水田 麻衣(Mergermarket部門 アジアパシフィック・エディター)
 畑 規恵(Dealreporter部門 チーフ・コレスポンデント)

左から畑規恵氏、水田麻衣氏  マージャーマーケット・グループは、1999年にロンドンで戦略的M&A情報サイトとして設立された。英国のFinancial Newsにいた30代の営業マンとシニア・エディター及びシュローダー出身の投資銀行マンの3人がロンドンのドット・コム専門のプライベート・エクイティ・ファンド(New Media Spark)他数名の投資家から800万ドル(約9億円)の出資を受けてMBOで設立したのが始まり。

  その後、2006年8月、世界最大の出版社でフィナンシャル・タイムズのオーナーである英国のピアソンplcがマージャーマーケットを約2億ドル(約227億円)で買収。8年後の2014年1月にピアソンは、6億2400万ドル(約736億円)でロンドンのプライベート・エクイティ・ファンドであるBCパートナーズに売却した。売却額は当時のマージャーマーケットの営業利益の15倍。現在はBCパートナーズがオーナーになっている。同社の売上高は2006年から2012年の間に5倍強と大きく伸び右肩成長を続けている。

「日本に支局を設立したのは2005年9月です。同時に香港、ムンバイ、上海支局が設立されました。創業当初はヨーロッパが中心でしたが、2002年に米国に進出し、軌道に乗ってきたところで、いよいよアジアに展開をということで日本への進出を決断しました。2005年に3万だった世界のユーザー数は、現在ではその4倍以上に膨れ上がり、アジア地域だけで3万以上のユーザーがおり、契約更新率は95%です。ジャーナリストの数は2005年の120人から現在は世界65の拠点に約500人おります」と語るのは、畑規恵・・・

[最新記事] 【Acuris(アキュリス)】 グローバル金融メディア「Mergermarket(マージャーマーケット)」がグループ名を変更(2017年9月号)

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

プロポーションメイキングのダイアナ、フットサロン事業のリゼラを買収

速報・トピックス

アナリストのM&A評価における潜在的バイアス

視点・寄稿

[視点]

NEW アナリストのM&A評価における潜在的バイアス

 井上 光太郎(東京工業大学・工学院教授)
 石山 孝高(東京工業大学・工学部井上研究室)





M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム