レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[Webインタビュー]

(2016/07/13)

【第71回】海外M&Aで重要度高まる候補先企業の非財務的リスク調査

 村崎 直子(クロール マネージング・ディレクター 日本支社代表)


グローバルでも増加傾向にある企業の不正行為

―― 日本の優良企業によるいわゆる不祥事の報道が目立ってきていますが、海外M&Aにおいても、買収後に問題が明らかになって巨額の損失を被るといったケースが出ています。近年、日本企業の海外の買収案件が増えていますが、それにともなってますます不正リスクが高まっていると言えます。法律や習慣が異なる国で、日本企業がいかにリスクヘッジをしていくのかが重要な課題となっているわけです。月刊「MARR(マール)」では2016年1月号で「実務家が語るグローバルM&Aにおける不正リスク対応」をテーマに特集座談会を開きました。今日は、リスク・コンサルティング会社クロールの日本代表である村崎さんに海外M&Aにおける不正リスク調査の実際についてお話をうかがいたいと思います。


「クロールは1972年米国ニューヨークにて設立以来、リスク・コンサルティング業界のパイオニアとして40年にわたってデュー・デリジェンス(DD)から不正調査、財務調査、戦略的な情報収集(ビジネス・インテリジェンス)、機密情報保護から、コンピュータ・フォレンジックス、物理的セキュリティ対策まで、企業の事業上のリスクにかかわる広範なサービスを提供しています。現在、世界30カ国、50都市に拠点を展開しており、東京は1992年にオフィスを開設いたしました。

 下の図は、直接M&Aには関係がないのですが、世界の主な地域・国でどのような不正が発生しているかを理解していただくためにご覧いただければと思います。この図は…
 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

大塚家具とニトリ ~ 明暗分けた変化への対応力

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 大塚家具とニトリ ~ 明暗分けた変化への対応力

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

【第95回】<特別対談>真山仁 × 山本礼二郎  『ハゲタカ』を語る~日本企業は覚醒できるか?

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

【第95回】<特別対談>真山仁 × 山本礼二郎  『ハゲタカ』を語る~日本企業は覚醒できるか?

真山 仁(小説家)
山本 礼二郎(インテグラル 代表取締役 パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム