レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

2021年4月号 318号

(2021/03/15)

アドバンテッジパートナーズがユーグレナ、東京センチュリーと共同でキューサイを買収した理由

――その経緯とスキーム、成長戦略を担当者が語った

アドバンテッジパートナーズの束原俊哉パートナー(左)と安永記士ディレクター

アドバンテッジパートナーズの束原俊哉パートナー(左)と安永記士ディレクター

3社共同出資のスキーム

 アドバンテッジパートナーズ(AP)がサービスを提供するファンド(APファンド)、リース大手の東京センチュリー、藻類のミドリムシ(学名:ユーグレナ)を活用した機能性表示食品や化粧品を販売するユーグレナの3社が2021年2月、ケール青汁などで知られる健康食品・化粧品通販のキューサイを買収した。

 買収スキームは、3社が出資する特別目的会社(SPC)を通じて、コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(HD)が保有するキューサイの全株式を共同取得するというもの。

スキーム図

 キューサイの創業は1965年、商号を現在のキューサイ株式会社に変更したのは1995年。2007年、東証2部と福岡の各証券取引所に上場していた同社は、投資ファンドによるTOBによって非上場となり、さらに10年3月コカ・コーラウエスト(現コカ・コーラボトラーズジャパンHD)が360億円でファンドから全株式を取得した。2019年になって、米本社の意向もあり、売却が決まったという経緯がある。同社の売却は入札で行われ、米国、中国、韓国勢も参加したが、APファンド、東京センチュリー、ユーグレナ連合が競り落とした。

 APは、1997年に日本で最初のPEファンドを設立。日本の中堅企業を対象としたバイアウトファンド、アジアの中堅企業を対象としたバイアウトファンド、マイノリティ投資を通して上場企業の成長支援を行うプライベートソリューションファンドの運営を行っており、これまでにポッカ・クラシエフーズ、成城石井、コメダ珈琲、富士通インターコネクトテクノロジーズ等60件を超える投資実績を持つ。そのAPのノウハウを活用することで事業投資を新たな収益の柱に育てたいと考えて、APの発行済み株式の14.9%を20年1月に取得したのが東京センチュリーだ。ユーグレナは、2005年世界で初めてミドリムシの屋外大量培養に成功した東大発のベンチャーとして知られ、出雲充社長らが同年研究開発企業を設立。12年12月に東証マザーズ、14年には東証1部に上場を果たしている。

 キューサイグループの19年12月期業績は、売上高が249億6800万円、営業利益は27億8300万円、経常利益は26億9400万円、当期純利益は13億円。これに対してユーグレナの20年9月期連結業績は、売上高133億1700万円、営業損失18億700万円、経常損失14億5700万円、当期損失14億8600万円の赤字決算となっている。ユーグレナの観点からは、単独でのキューサイ買収は難しく、それが今回のSPCに3社共同出資することによる株式取得の背景の1つであると見られる。ちなみに、SPCには3社で計234億円を出資。出資比率は、APファンドが67.22%、ユーグレナが12.84%、東京センチュリーが19.94%となっており、本取引から1年以内を目途にユーグレナがSPCへの出資比率を最大49%まで高め、キューサイを連結子会社化することが予定されているとの公表がなされている。

 資金量や事業支援アングルが求められる大型カーブアウトM&A市場への新たな取組類型とも言える今回のキューサイ買収について、APの担当者に聞いた。

<インタビュー>
PEファンドと事業会社の共同投資で“Win・Win・Win”の成果を実現する

 束原 俊哉(アドバンテッジパートナーズ パートナー)
 安永 記士(同 ディレクター)

ユーグレナと組んだ経緯

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

関連記事

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

【第120回】【アドバンテッジパートナーズ】第6号ファンド850億円の投資戦略を語る ――喜多慎一郎氏が株式会社アドバンテッジパートナーズ代表取締役に就任、組織強化も

笹沼 泰助(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 代表パートナー)
喜多 慎一郎(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 シニア パートナー)

企業研究

2020年4月号 306号

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

アドバンテッジパートナーズの担当者が語る「富士通インターコネクトテクノロジーズの成長戦略」

バックナンバー

おすすめ記事

【第5回】事業売却による価値創造

スキルアップ

[【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第5回】事業売却による価値創造

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
呉 文翔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 アソシエイト・パートナー)

海外M&AにおけるPMI及びグローバルガバナンスの実務

視点・寄稿

[寄稿・寄稿フォーラム]

海外M&AにおけるPMI及びグローバルガバナンスの実務

今仲 翔(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士)

4月は422件 ベインキャピタル連合、日立金属を買収

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 4月は422件 ベインキャピタル連合、日立金属を買収


M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム