レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[書評]

2016年6月号 260号

(2016/05/19)

今月の一冊 『はじめての企業価値評価』

 砂川 伸幸、笠原 真人 著/日経文庫/1000円(本体)  
 [評者]西山 茂(早稲田大学大学院<ビジネススクール> 教授、公認会計士)

今月の一冊 『はじめての企業価値評価』 砂川 伸幸、笠原 真人 著/日経文庫/1000円(本体)  M&Aにおいて、ターゲットとなる企業を適切な金額で買収することは、買収の成否のカギであり、大きなポイントの1つである。また、買収金額の評価は企業価値の評価にも通じるが、これはコーポレートガバナンス・コードの制定や伊藤レポートの発表といった動きの中で、改めて関心を集めている。ただ、企業価値の意味や評価方法について、財務的な視点からしっかりと理解しているビジネスパーソンは必ずしも多くはないと思う、本書は、その企業価値の評価について、日本における企業財務の代表的な研究者のおひとりである砂川氏と企業価値評価の実務に従事してきた実務家である笠原氏が共著で分かりやすく執筆した入門書である。

  本書の特徴は大きくは3つある。

  1つ目は、DCF法、フリーキャッシュフロー、資本コストをはじめとして、企業価値について必要なポイントを分かりやすくまとめている点である。特に30ページあたりからはじまる各論については、事例も取り上げながら分かりやすく解説されており、入門書とはいえこの1冊で企業価値評価についての概要がある程度理解できるように書かれている。

  2つ目は入門書としているものの、実務で必要となる可能性が高いポイントについては、一般的には応用と考えられるようなかなり深いところまで網羅していることである。例えば、事業会社での買収で課題になることが多いシナジー効果の評価や、海外企業の買収などで課題になることが多いクロスボーダーでの評価、さらに非公開企業の評価における資本コストの推計計算、また企業価値評価の検証など、一般的には応用的な内容でありながら実務で直面することが多い点をしっかりと網羅している。

  3つ目は、読みやすくするための工夫がいくつも組み込まれている点である。具体的には、文章を「ですます」調にしたり、具体例を多く入れこんでいること、さらに全体を基礎編と実践編に区分し、読者の読み方の指針を挙げていること、さらに、より深く学びたい方のために中級レベルの書籍のブックガイドを記載していることである。

  このように、本書は企業価値に関して実務を意識した入門書として大変分かりやすくまとめた秀逸の1冊である。企業価値の評価について実務的な観点から、その概要を効率よく、しかも分かりやすくポイントを押さえたいと考えているビジネスパーソンに是非お勧めしたい。なお、著者の砂川氏には、「コーポレート・ファイナンス入門」(日経文庫)という著書もあるが、こちらもコーポレート・ファイナンスを分かりやすく解説した良書である。本書の中でも何カ所か参考として挙げられており、理解を深めるために合わせて読まれることもお勧めする。

バックナンバー

おすすめ記事

見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

9月は356件 MUFG、米地銀のリテール部門を売却

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 9月は356件 MUFG、米地銀のリテール部門を売却

「KKRアジア・ファンド4号」150億ドルの対日投資戦略を語る

座談会・インタビュー

[特集インタビュー]

NEW 「KKRアジア・ファンド4号」150億ドルの対日投資戦略を語る

谷田川 英治(KKRジャパン プライベート・エクイティ パートナー)

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム