レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[編集部から]

2021年5月号 319号

(2021/04/15)

次号予告と編集後記(2021年5月号)

次号予告

2021年6月号
特集:新連載企業変革手段としてのM&Aの新潮流
2021年5月19日発売予定 
※内容は変更されることがあります。タイトルは仮題です。

編集後記

■最近、新聞や雑誌で「脱炭素」の言葉をよく目にします。昨年、菅政権が誕生し、2050年までに温暖化ガスを実質ゼロにする方針が示されたことや今年2月にアメリカがパリ協定に復帰したことなどがその背景にあるのでしょう。
EUでは、自動車の生産から走行、廃棄までの全体でCO2排出量を評価する新規制が議論されていて、一部の自動車メーカーでは、取引先にも脱炭素の部品や素材の納入を求める動きがあるようです。また、企業のCO2排出量に応じて課金するカーボンプライシングについて、日本政府も検討を始めています。導入されれば、生産過程でCO2を大量に発生するような業界にとってはコスト増となって、実体経済に影響を及ぼすと予想されます。
M&Aに関しても、CO2排出量の多い事業や子会社の売却といった動きのほか、脱炭素を商機と捉えた新技術の取得や新市場への参入などの動きが増えてきそうです。(謙)

■ソフトバンクは、子会社のZホールディングスとLINEが経営統合し、3月から新ブランドの「LINEMO(ラインモ)」を開始しました。データ容量は20ギガバイトで月2480円(税抜き)という従来の料金より格安のプランです。新プランの特徴はLINEのトークや通話などがデータ消費ゼロで使える点です。今まで提供されていたのは50ギガバイトのプランだったので、それほどギガ数を必要とせず、スマホの維持費を抑えたいユーザーにとってメリットのあるプランと言えそうです。一方で、新プランではトラブルがあったときなど店舗や電話でサポートが受けられないそうです。そのため、新プランへの移行手続きからユーザー自身がWEB上で行います。スマホの設定やプランの仕組みなどが複雑化する中、お金を払ってでもサポートを受けたい人も多いのではないでしょうか。新プランを利用するのはスマホに慣れた一部のユーザーのみで新プランへ移行の流れはあまり大きくないかもしれません。(花)

バックナンバー

おすすめ記事

【第5回】事業売却による価値創造

スキルアップ

[【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第5回】事業売却による価値創造

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
呉 文翔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 アソシエイト・パートナー)

【第5回】 M&A戦略の類型(3)市場開拓型・垂直統合型

スキルアップ

[【M&A戦略】M&A戦略立案の要点(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)]

NEW 【第5回】 M&A戦略の類型(3)市場開拓型・垂直統合型

木俣 貴光(三菱UFJリサーチ&コンサルティング コーポレートアドバイザリー部 部長 プリンシパル)


M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム