[【小説】経営統合の葛藤と成功戦略]

2011年9月号 203号

(2011/08/15)

第27回 『和解に向けたアプローチ』

文 デロイト トーマツ コンサルティング 神山 友佑
  • A,B,EXコース

システム領域での協議不調を発端に、協議打ち切りという事態に発展した山岡ファイナンスサービス社と渋沢ファイナンスコーポレーション社の対立は、混迷を深めていた。
日々両社社員の中で合併への求心力が低下する中で、渋沢FC社事務局長の横山友樹はもう一刻の猶予も許されないと判断し、自助努力だけによる解決をあきらめ次の行動に移すことを決心した。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング