レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2019年10月号 300号

(2019/09/17)

【ファイブスター・メザニン】メザニンファイナンスの第一人者として本邦初の独立系メザニンファンド運営会社を設立

斉藤 陽一(代表取締役 パートナー)
(左から)青井陽平ディレクター、工藤敬介パートナー、斉藤陽一代表パートナー、星野宏彰ディレクター
(左から)青井陽平ディレクター、工藤敬介パートナー、斉藤陽一代表パートナー、星野宏彰ディレクター
 ファイブスター・メザニンは、東京海上メザニン株式会社(以下、「東京海上メザニン」)の中核スタッフ5人が2018年7月に設立し、同年9月から本格的な投資活動を始めたメザニンファンドの運営会社である。2019年7月にファイブスター・メザニン1号投資事業有限責任組合(以下、「FSM1号ファンド」)の募集活動を総額432億円で完了させた。

 メザニンとは、通常の借り入れ(銀行ローン)と資本(普通株式)の中間に位置する資金調達手法の総称。主にバイアウト(企業買収)ファンドや事業会社による企業買収の資金調達に活かされている。優先株式、劣後ローン、劣後社債といった形態を採ることが一般的で、いずれも、議決権の希薄化を原則として生じさせない性質の資金調達手法である。銀行ローンよりも返済・償還順位が劣後するものの、比較的に高水準の利息・配当(インカム)が付されていることから、ミドルリスク・ミドルリターンの投資特性を持っている。

 「ファイブスター・メザニンの投資チームは、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第2回】 M&A戦略の策定

スキルアップ

[【M&A戦略】M&A戦略立案の要点(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)]

NEW 【第2回】 M&A戦略の策定

木俣 貴光(三菱UFJリサーチ&コンサルティング コーポレートアドバイザリー部 部長 プリンシパル)

第191回 ドラッグストア業界 同質化競争から抜け出るためのM&Aが増加

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

NEW 第191回 ドラッグストア業界 同質化競争から抜け出るためのM&Aが増加

編集部

【冨山和彦氏が直言】コーポレート・トランスフォーメーションができない企業は生き残れない

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

NEW 【冨山和彦氏が直言】コーポレート・トランスフォーメーションができない企業は生き残れない

冨山 和彦(日本共創プラットフォーム 代表取締役社長、経営共創基盤 グループ会長)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム