レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2019年11月号 301号

(2019/10/15)

【CaN International Group 国際会計事務所】クロスボーダーM&Aに特化した会計・税務プロフェッショナル集団

大久保 昭平(代表 公認会計士)
大久保 昭平氏
大久保 昭平氏
 CaN International Group(キャンインターナショナルグループ、以下CaN International)は、2012年12月に大久保氏が設立した、日系・外資系を問わずグローバルに事業活動を展開する企業が直面するクロスボーダーの経営課題に対して、最適なソリューションを提供することに特化した国際会計事務所である。

 大久保氏は1980年生まれ。立命館大学卒業後の03年に新日本監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)に入所し、マネージャーとして国内外の幅広い業種の大手企業に対する会計監査及びコンサルティング業務に携わる。10年にシンガポールに渡りSCS Global Groupに参画。シンガポールで会計監査、財務デューデリジェンス、各種コンサルティング業務に従事する一方、11年には、東南アジア域内のコーポレートファイナンス業務に特化したSCS Global Financial Advisory Pte. Ltd.を設立して代表取締役に就任。クロスボーダーM&A、シンガポールIPO、国際税務、海外進出支援等に係るコンサルティング業務を幅広く手掛ける。その後、12年に日本に帰国し、現職であるCaN Internationalを創業した。

 「昨今、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第2回】 M&A戦略の策定

スキルアップ

[【M&A戦略】M&A戦略立案の要点(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)]

NEW 【第2回】 M&A戦略の策定

木俣 貴光(三菱UFJリサーチ&コンサルティング コーポレートアドバイザリー部 部長 プリンシパル)

<新連載>【第1回】ニッポン株式会社に求められる価値創造経営

スキルアップ

[【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW <新連載>【第1回】ニッポン株式会社に求められる価値創造経営

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
柳沢 和正(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
呉 文翔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 アソシエイト・パートナー)

[対談]【元日本電産CFOが解く】M&A、PMIの成功方程式

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

NEW [対談]【元日本電産CFOが解く】M&A、PMIの成功方程式

吉松 加雄(株式会社CFOサポート 代表取締役社長兼CEO、元日本電産取締役専務執行役員 最高財務責任者)
寺島 鉄兵(アバント執行役員、ディーバ取締役)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム