レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2021/09/29)

三井物産、安永体制の6年間で社内風土の刷新と事業構造改革は進んだか

 三井物産は2021年4月、安永竜夫氏(現会長)から堀健一氏へ社長交代した。6年前の15年4月、「32人抜き」で一執行役員から社長に抜擢された54歳の安永氏の就任は驚きをもって受け止められたが、当時の飯島彰己社長は、「若い感性で、既存の考えにとらわれないで社内の風土を変えてもらいたい」と語った。安永体制の6年間で社内風土の刷新と事業構造改革は進んだか。

 安永氏が社長就任1年目の2016年3月期、資源バブルの崩壊に直面し、資源事業で約2500億円の減損を計上するなど最終損失834億円と同社初の赤字決算に陥った。そこで安永氏は資源事業の収益改善と非資源事業の育成という事業構造改革に着手した。資源事業では鉱山の操業コストを下げ、市況でブレにくい収益構造への転換を図った。

 また、事業の撤退・見直しを大胆に手掛けた。2011年、世界の穀物需要増大を見込んで累計470億円を投じて子会社化したブラジルの農業生産・穀物物流会社マルチグレインAGが競争激化で赤字が続いたため、18年末に撤退を決め、営業を停止した。...

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

マーケット動向

[スタートアップの資金調達・M&A]

NEW 2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

「M&A仲介協会」が発足・始動

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム