[寄稿・寄稿フォーラム]

2015年4月号 246号

(2015/03/15)

米国におけるコーポレート・ベンチャー・キャピタルの活用とその戦略

 ホワイト&ケース法律事務所/ホワイト&ケース外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業)
 木下 万暁(弁護士・カリフォルニア州弁護士)
 エリック・マークス(外国法事務弁護士・カリフォルニア州弁護士)
  • A,B,EXコース

1.はじめに

  現在、米国のM&A市場が活発化してきている。2014年に発表されたM&A案件の取引額は2013年を大きく上回り、1999年のドットコムバブルの最高額にほぼ達している(図1)。

図1

  ベンチャー・キャピタル投資も増えてきた。PricewaterhouseCoopersとNational Venture Capital AssociationのMoneyTree Reportによれば、2014年の米国企業へのベンチャー・キャピタル投資は実に4342件、488億ドル(約5兆8000億円)もの資金が投資されている。そしてこのうちの775件がCVC投資によるものであり、その投資総額は54億ドル(約6400億円)、すなわち案件数のうちの17.8%、取引金額のうちの11%がCVC投資によるものとなっている。図2は1995年以降のCVCの投資額及び投資案件数を表にしたものである。

図2

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事