[マールインタビュー]

2006年5月号 139号

(2006/04/15)

No.80 新会社法スタート、立法担当者として歴史的偉業に携わる

法務省 相澤 哲 大臣官房参事官
  • A,B,EXコース

いよいよ五月に施行

――会社法がいよいよスタートします。立法担当者としてメッセージをいただけますか。
 「会社法制は経済社会の基盤を支える重要な法制度の一つです。新しい会社法は、明治時代に現行商法ができて以来、ほぼ百年ぶりに会社法制について大改革を行うものであり、見直しの内容は会社法制全体に及び、会社実務や経済に与える影響は大です。ぜひ、これを使いこなし、活力ある経済社会を築き上げていただきたいと思っています」
――どんな特徴がありますか。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事