レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

アクティビスト
英語:Activist
アクティビストとは、主に上場会社の株式を一定程度保有したうえで、株主としての立場から株主権の行使や提案活動を通じて経営陣に対して積極的な提言・対話を行い、投資リターン獲得を目指す投資家をいう。「物言う株主」ともいわれる。

株主価値の向上を目的として、次のような提案の事例がある。場合によっては株主総会において委任状争奪戦(プロキシー・ファイト)となる場合もある。

・ 不稼働資産・本業以外の資産や政策保有株式の売却
・ 過剰な手元現預金を原資とする配当
・ 低収益事業からの撤退などの事業ポートフォリオの再編
・ 自らの推薦する役員の選任
・ 合併比率の見直しの要求などのM&Aに関する決議事項に対する修正提案

関連記事

座談会・インタビュー

2018年12月号 290号

[対談・座談会]

[座談会]M&A関連法制と実務の最新動向[2018年版]~変動する米国・国際社会と国際M&A実務への影響~

池田 祐久(シャーマン アンド スターリング外国法事務弁護士事務所 東京事務所代表 外国法事務弁護士)
中山 龍太郎(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)
武井 一浩(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)(司会)

座談会・インタビュー

2018年6月号 284号

[対談・座談会]

[座談会] M&Aアクティビズムの実際と対応のあるべき姿

【出席者】(五十音順)
 今関 源規(三菱UFJモルガン・スタンレー証券 マネージングディレクター)
 デイビッド スナイダー(シンプソン サッチャー アンド バートレット外国法事務弁護士事務所 パートナー弁護士)
 古田 温子(アイ・アール ジャパン 投資銀行第三本部長)
 石綿 学(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士) (司会)

視点・寄稿

2018年3月号 281号

[視点]

M&Aアクティビズム

 石綿 学(森・濱田松本法律事務所 弁護士)

座談会・インタビュー

2016年9月号 263号

[対談・座談会]

[対談]ガバナンス改革とM&A~攻めのガバナンスを実現するM&A実務~

 大杉 謙一 (中央大学法科大学院 教授)
 玉井 裕子 (長島・大野・常松法律事務所 弁護士)

視点・寄稿

2016年5月号 259号

[寄稿・寄稿フォーラム]

アクティビストが主導する最新アメリカM&Aトレンド

 マール企業価値研究グループ

視点・寄稿

2016年5月号 259号

[寄稿・寄稿フォーラム]

コーポレート・ガバナンス改革とこれからの敵対的買収

 牛島 信(牛島総合法律事務所 弁護士、日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク 理事長)

座談会・インタビュー

2015年5月号 247号

[対談・座談会]

[座談会] 敵対的企業買収の到達点と今後の課題

 神田 秀樹(東京大学 教授)
 岩倉 正和(西村あさひ法律事務所 弁護士、一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授)
 石綿 学(森・濱田松本法律事務所 弁護士)
 司会・編集 川端 久雄(編集委員、日本記者クラブ会員)

座談会・インタビュー

2015年3月号 245号

[対談・座談会]

[座談会] アクティビズムとショートターミズム

 池田 祐久(シャーマン アンド スターリング外国法事務弁護士事務所 マネージング・パートナー外国法事務弁護士)
 上田 亮子(日本投資環境研究所 主任研究員)
 浦野 大介(CFA 日本投資環境研究所 コンサルティング第1部長)
 武井 一浩(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)(司会・進行)  (50音順)

視点・寄稿

2008年3月号 161号

[視点]

敵対的買収というビジネスモデル

弁護士・ニューヨーク州弁護士(長島・大野・常松法律事務所) 三笘 裕

企業研究

2007年5月号 151号

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

“ホワイトナイト”と組んでMBOを決断したサンテレホン・山西啓司社長

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム