レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【小説】経営統合の葛藤と成功戦略]

2013年9月号 227号

(2013/08/15)

第51回 『最後の奉公』

 神山 友佑(デロイト トーマツ コンサルティング)

【登場人物】  山岡ファイナンスサービス社は、渋沢ファイナンスコーポレーション社との経営統合を半年後に迎えようとする中で、大規模な構造改革を実行せざるを得ない状況となっていた。また山岡FS社の野澤博人社長は、渋沢FC社との統合交渉の駆け引きの結果として、内定していた新会社社長の椅子を辞すことになった。
  構造改革プランの取締役会決議の日が間近に迫る中で、野澤は新会社のために新たな覚悟を実現すべく、先々代の社長を訪ねることにした。

構造改革プランの取締役会決議

  社長議案として山岡FS社の役員会に諮られた構造改革プランは、一部の役員から散発的な意見が出されたものの、紛糾することなく全会一致で承認された。また同日午後に開かれた取締役会においても、監査役と社外取締役からいくつかの質問が出たが混乱なく承認された。
   経営企画室長として役員会と取締役会の双方に出席していた松尾明夫は、役員の多くが何も反応せず、あっけなく議案が承認・決裁されたことに驚きを隠せなかった。会社が危機的な状況にあることは事実としても、構造改革プランには全社員の一割以上の人員を削減するという計画も盛り込まれており、非常に厳しい内容なのだ。自由闊達な社風の中で、山岡FS社は役員会であろうとも大いに議論が行われるのが通常である。しかし今回の議案については、特に幹部役員は口をつぐんだまま声ひとつ発することはなかった。

先々代社長への訪問

  取締役会開催の二日前の朝、山岡FS社の野澤博人は先々代の社長である牛島満の自宅を訪ねた。既に相談役に退いている牛島が会社に顔を出すことは殆どなく、多くても月に1、2回程度であった。世田谷の閑静な住宅地にある牛島宅は、広くはないが古い趣の日本庭園を有し、純日本建築の建屋も風格を備えていた。自分の代で手に入れたのではなく、おそらく先祖から受け継いだ土地と家なのだろう。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

SPAC隆盛の米国~その意味するところ

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW SPAC隆盛の米国~その意味するところ

マール企業価値研究グループ

公表アドバイザー情報

グラフ&データ

[公表アドバイザー情報]

NEW 公表アドバイザー情報

ベトナムの証券業界

スキルアップ

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

NEW ベトナムの証券業界

谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム