レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2021/09/03)

伊藤忠商事、「第8カンパニー」が主導する「マーケットインの発想」による事業変革

 総合商社5社の2021年4~6月期連結決算は、鉄鉱石や銅などの“資源高”を追い風に、三菱商事を除く4社が四半期ベースで最高益となった。中でも、伊藤忠商事の純利益は2675億円と前年同期の2.6倍で5社中首位、通期予算5500億円に対する進捗率も49%となった。

 この業績に同社の鉢村剛・副社長CFOは、「21~23年度の中期経営計画で目標とする連結純利益6000億円を超える状況」との考えを示したが、この中期経営計画で基本方針に掲げているのが「マーケットインの発想」による事業変革と「SDGs」への貢献と取組強化だ。

 ここで注目されるのが2019年7月に新設された「第8カンパニー」の存在である。

 伊藤忠は1997年から「ディビジョン・カンパニー制」を敷いてきた。繊維、機械、金属、エネルギー・化学品、食料、住生活(生活資材・物流部門と建設・不動産部門)、情報・金融の7つの業種・商品を軸としたカンパニーがそれだ。ここに「第8カンパニー」が加わった。既存の7カンパニーと協働し、特に生活消費分野に強みを持つ伊藤忠の様々なビジネス基盤を最大限活用しながら、異業種融合・カンパニー横断の取り組みを加速させ、市場や消費者ニーズに対応した「マーケットインの発想」による新たなビジネスの創出・客先開拓を行っている。...

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回(最終回)】M&Aは黒船

スキルアップ

[【人事】「M&A人事の新常識」~グローバルの年金・ベネフィット最新事情(マーサー ジャパン)]

NEW 【第3回(最終回)】M&Aは黒船

北野 信太郎(マーサー ジャパン グローバルクライアントマネージャー シニアプリンシパル)

イノベーション創出につながるM&A

視点・寄稿

[視点]

NEW イノベーション創出につながるM&A

大井 悠紀(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム