レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[視点]

2021年10月号 324号

(2021/09/15)

イノベーション創出につながるM&A

大井 悠紀(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)
はじめに

 産学官各界様々な分野・規模でイノベーションの創出に向けての議論、取組が行われているが、イノベーションの創出、促進は、日本の経済成長を拡大させるための最重要課題の一つである。AI、情報処理分野をはじめとする急速な技術革新や、カーボンニュートラル・ESGといった持続可能な社会への取組強化を受けてグローバルに産業構造が大きく変化する中で、日本でも様々な形で各企業においてイノベーションを創出、促進することを目指したM&Aが多数行われている。そのようなM&Aについて、イノベーションの創出、促進という視点から、以下、取引類型毎にそれぞれの留意点について、簡単な整理を試みたい。

イノベーションの意義と必要性の再確認

 「イノベーション」という用語は、必ずしも一義的に用いられているわけではないようである。英単語の直訳としては「革新」といった語があてられるが、技術革新との意味で捉えられることもある。経済成長を実現させるためのイノベーションとの文脈では産業技術のみに限定されるものではなく、より広くビジネス・モデルであったり、アイデアや考え方、組織の在り方等を含むものであり、ここでは、社会に新たな価値をもたらす革新、といった意味で用いたい。

 イノベーションと経済成長との関係については、生産関数(Production Function)の考え方があてはまるとされる。すなわち、以下の図に示す生産関数では、横軸が投入量、縦軸が生産量を表すところ、経済成長との兼ね合いでは、横軸が生産要素(典型的には労働力・資本)の投入量、縦軸が国内総生産(GDP)として捉えることができるとされる。

グラフ

 まず、ここから単純に読み取れるところとして、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

キヤノン:メディカル事業中心に新規事業の成長加速へ

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW キヤノン:メディカル事業中心に新規事業の成長加速へ

マール企業価値研究グループ

見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム