レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2020/12/24)

味の素がCVC新設 ~増加するCVCはイノベーションを取り込めるか?

 「実績あるCVC(コーポレート・ベンチャーキャピタル)としてはKDDIやサイバーエージェントが挙げられますが、最近ではJR東日本スタートアップなども積極的に投資していますね」と語るのはあるVCの経営者。CVCは大手事業会社に確実に広がっている。

 2020年12月、味の素がCVCを新設した。R&B(Research and Business)企画部内にグループを設置し、フードテックやヘルスケア分野のスタートアップ企業やVCへの投資を行う。20~25年中期経営計画において「食と健康の課題解決企業」の実現を目指す同社は、自社にない先端技術やソリューション、ビジネスモデルをもつスタートアップ企業への投資を行う。

 対象領域は以下の4分野で、SDGs17の目標のうち、7項目に該当する。

① フィットネス&ヘルスデータや食による未病等の「Well-being」
② 代替タンパク質やトレーサビリティ、エコパッケージ等の「地域・地球との共生」
③ 新デリバリーサービスやD2C(産直)、食のサブスク等の「食の伝統と新たな発見」
④ フードロボ、スマートキッチン、パーソナルレシピ等の「調理の進化」

 CVCによるベンチャー企業へのM&Aは、19年に331件と15年の126件から2.6倍に増えた。20年は12月16日現在で288件と前年を下回りそうだが、それでも引き続き活発といえる。金額は15年の608億円から1763億円まで上昇している(図表1参照)。...

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

4月は422件 ベインキャピタル連合、日立金属を買収

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 4月は422件 ベインキャピタル連合、日立金属を買収

【第4回】価値創造のための経営企画機能

スキルアップ

[【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第4回】価値創造のための経営企画機能

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
柳沢 和正(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
呉 文翔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 アソシエイト・パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム