[寄稿・寄稿フォーラム]

2011年12月号 206号

(2011/11/15)

ベトナムM&A投資における 実務上のポイント・留意点

プライスウォーターハウスクーパース ストラテジスト 山内 利夫
  • A,B,EXコース

BRICsに次ぐ有望生産・消費市場の一つとして注目されているベトナム。日本企業による投資は、生産・販売拠点をゼロから立ち上げる「グリーンフィールド投資」を軸に活発化しつつあるが、「ブラウンフィールド投資」、即ちM&Aによる投資もみられつつある。
対ベトナムM&A投資においては、投資対象の選定から投資形態の検討、デューデリジェンス、企業価値算定まで、様々な実務上のポイント・留意点がある。それは日本や他の新興国においてもポイント・留意点となるものもあれば、ベトナム固有のものもある。
本稿では、そのポイント・留意点について、日本の法制度や他の新興国における事例と比較しながら、M&A実行プロセスに沿って整理した。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

アクセスランキング