[編集部から]

2020年10月号 312号

(2020/09/15)

次号予告と編集後記(2020年10月号)

  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
次号予告

2020年11月号
特集:新型コロナ禍でスタートアップ投資はどう変わる
2020年10月15日発売予定 
※内容は変更されることがあります。タイトルは仮題です。

編集後記

■安倍晋三氏が今年8月28日の記者会見で、体調不良を理由に首相辞任を表明しました。第1次政権とあわせた通算の在任期間は2019年11月に憲政史上最長となり、辞任発表直前の8月24日には、連続の在任期間も2799日となって歴代最長となりました。今年は年初から、中国・武漢発の新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによって世界経済が歴史的な打撃を受け、その対応の過程で日本が抱えた様々な問題点が露呈しました。経済社会システムのありようが世界的に大きな転換を迫られている中で、日本の経済社会モデルそして会社モデルをどう変革していくのか、スピード感を持った行動が、政官財学それぞれのリーダーに鋭く突きつけられる夏になりました。(耕)

■遊園地「としまえん」が8月末をもって94年の歴史に幕を閉じました。新型コロナ感染拡大の影響で大掛かりなサヨナラのイベントはできませんでしたが、事前チケット予約制を導入して人数制限をしたほか、係員が入園前の体温測定やソーシャルディスタンスの呼び掛けなどの対策を施した結果、クラスターの発生もなく無事終焉を迎えることができました。長年のファンとして、心よりほっとしているところです。大正から昭和初期にかけて、乗客者数の増加や沿線地域の活性化を目指す私鉄会社による遊園地建設がブームとなり、東急系の二子玉川園や小田急系の向ヶ丘遊園などが誕生しました。としまえんは1926年に開園、1941年に武蔵野鉄道(現西武鉄道)が元の経営者から経営権を取得しています。同園は都内の私鉄会社系としては、最後の遊園地だったそうで、閉園が一層寂しく感じられます。東京都は防災機能強化などを目的にとしまえん跡地に「練馬城址公園」を整備する計画で、公園内には西武鉄道、ワーナーブラザース、伊藤忠商事などが「ハリー・ポッター」の体験型エンターテイメント施設を開設する予定です。新施設もとしまえんのように訪れる人達に末永く愛される場所であってほしいと思います。(郁)

バックナンバー

おすすめ記事