[M&Aの現場から]

2021年10月号 324号

(2021/09/15)

【ゼロイチキャピタル】創業前後のインターネット・研究開発型スタートアップに投資する独立系VC

種市 亮(代表パートナー)
  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
種市 亮氏

種市 亮氏

 ゼロイチキャピタルは、2021年6月種市亮氏によって設立された独立系ベンチャーキャピタル。

 種市氏は、立教大学経済学部を出て2011年10月楽天に入社。名古屋支社などで4年間楽天市場出店企業のコンサルティング業務に従事後、金沢支社の責任者を経験。2016年10月新設のCVC部門である楽天キャピタルの立ち上げに従事。1年半で2社に投資を実行し、投資先のEC・デジタルマーケティングの仕組み作りをハンズオン支援。2018年4月独立系ベンチャーキャピタルのインキュベイトファンドに参画。アソシエイトとしてパートナーである村田祐介氏と共に新規投資テーマの検討、起業家発掘、既存投資先の支援、ファンドマネジメント、ファンドレイズ等幅広い業務に取り組んだ。また、2020年4月からは日本最大級の起業家・投資家の合同経営合宿型ファイナンスプログラムIncubateCamp 13thの主将としてイベントの企画・集客・運営を行った後、2021年6月にゼロイチキャピタルを設立した。

 「インキュベイトファンドの村田パートナーは、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

アクセスランキング