レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

コーポレート・ベンチャー・キャピタル
英語:Corporate Venture Capital
略称:CVC
コーポレート・ベンチャー・キャピタル(Corporate Venture Capital、CVC)とは、事業会社がスタートアップ企業を含むベンチャー企業に投資することをいう。CVCが設立される主な目的は、先進的・革新的技術へのアクセスを確保し、事業会社本体とベンチャー企業との事業上のシナジーを実現することにある。
~もう一歩先へ

 CVCの投資戦略は、各事業会社によって異なります。ターゲット企業の業種とシナジー前提かどうか、1件あたりの投資金額とポートフォリオの分散の度合い、EXITの方針などです。そして投資の体制も異なります。事業会社本体で行うのか、別ビークルで行うのか、その場合単独GP(ジェネラル・パートナー)か、ベンチャー・キャピタルとの共同GPか、LP(リミテッド・パートナー)投資に徹するかなど各社の投資体制は異なり、そして投資の意思決定プロセスも違ってきます。人材登用についても外部人材の登用や報酬の決め方など様々です。
 関連記事においては、CVCを運営する経営陣やベンチャー・キャピタル、各専門家がCVCについて様々な議論をしています。その中で上記の各CVCの違いを読み取ることができます。

関連記事

マーケット動向

2019年5月号 295号

[データを読む]

「CVCによるベンチャー企業へのM&A動向」年間投資1355億円。国内外で活発化

座談会・インタビュー

2019年1月号 291号

[対談・座談会]

[座談会]実務者が語る事業会社によるベンチャー投資実務の実際 ~社内の仕組み作りからバリュエーションの考え方、M&Aのストラクチャー、管理体制まで

【出席者】(五十音順)
朝田 大(凸版印刷 経営企画本部フロンティアビジネスセンター戦略投資推進室長)
久保田 朋彦(GCAテクノベーション 代表取締役)
髙原 達広(TMI総合法律事務所 パートナー 弁護士)(司会)

座談会・インタビュー

2018年3月号 281号

[対談・座談会]

[座談会] 第4次産業革命と大企業・ベンチャー連携によるオープンイノベーション戦略

【出席者】(五十音順)
 菅原 晶(三井不動産 ベンチャー共創事業部長)
 永江 剛史(住友林業 新事業戦略開発室長)
 百合本 安彦(グローバル・ブレイン 代表取締役社長)
 司会・構成 池田耕造(編集委員)

視点・寄稿

2015年12月号 254号

[視点]

コーポレート・ベンチャー・キャピタルによる企業価値向上

 野間 幹晴(一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 准教授)

座談会・インタビュー

2015年4月号 246号

[特集・特別インタビュー]

CVCには、ベンチャー企業のバリューアップ能力が問われている

 田島 聡一(サイバーエージェント・ベンチャーズ 代表取締役社長)

マーケット動向

2015年4月号 246号

[データで見る]

CVCによるベンチャー企業へのM&A動向

座談会・インタビュー

2015年4月号 246号

[対談・座談会]

[座談会] 企業の成長戦略とCVC活用の実際

 秋元 信行(NTTドコモ・ベンチャーズ 副社長)
 尾崎 一法(アント・キャピタル・パートナーズ 代表取締役会長、日本ベンチャーキャピタル協会 会長)
 木下 万暁(ホワイト&ケース法律事務所 弁護士)
 渡辺 洋行(B Dash Ventures 代表取締役社長)
 司会 編集委員 池田 耕造  (50音順)

視点・寄稿

2015年4月号 246号

[寄稿・寄稿フォーラム]

米国におけるコーポレート・ベンチャー・キャピタルの活用とその戦略

 ホワイト&ケース法律事務所/ホワイト&ケース外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業)
 木下 万暁(弁護士・カリフォルニア州弁護士)
 エリック・マークス(外国法事務弁護士・カリフォルニア州弁護士)

座談会・インタビュー

2013年11月号 229号

[対談・座談会]

[座談会] 第4次ベンチャーブームの到来に向けて ~歴史の教訓をいかに生かすか~

 出席者
 尾崎 一法(アント・キャピタル・パートナーズ 代表取締役会長)
 西澤 民夫(一般社団法人オープンイノベーション促進協議会 代表理事
       日本エスアンドティー 代表取締役 他)
 松田 修一(ウエルインベストメント取締役会長 早稲田大学名誉教授・商学博士)

座談会・インタビュー

2012年10月号 216号

[特集・特別インタビュー]

コーポレート・ベンチャー・キャピタル「KDDI Open Innovation Fund」を設立したKDDIの狙い

 江幡 智広(KDDI新規事業統括本部 戦略推進部長)
 大野 高宏(同部課長、パートナー推進グループ グループリーダー)

座談会・インタビュー

2012年10月号 216号

[対談・座談会]

[座談会] 日本企業のイノベーションのために「ベンチャー・エコシステム」の確立を

(50音順)
 安達 俊久(伊藤忠テクノロジーベンチャーズ 社長、日本ベンチャーキャピタル協会 会長)
 石井 正純(AZCA, Inc. 社長、Noventi パートナー、早稲田大学 客員教授)
 各務 茂夫(東京大学 教授、産業連携本部 事業推進部長)
司会:編集委員・池田 耕造

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム