[M&A用語]

コーポレート・ベンチャー・キャピタル

英語 :Corporate Venture Capital

略称 :CVC

コーポレート・ベンチャー・キャピタル(Corporate Venture Capital、CVC)とは、事業会社がスタートアップ企業を含むベンチャー企業に投資することをいう。CVCが設立される主な目的は、先進的・革新的技術へのアクセスを確保し、事業会社本体とベンチャー企業との事業上のシナジーを実現することにある。

用語カテゴリー:

もう一歩先へ

 CVCの投資戦略は、各事業会社によって異なります。ターゲット企業の業種とシナジー前提かどうか、1件あたりの投資金額とポートフォリオの分散の度合い、EXITの方針などです。そして投資の体制も異なります。事業会社本体で行うのか、別ビークルで行うのか、その場合単独GP(ジェネラル・パートナー)か、ベンチャー・キャピタルとの共同GPか、LP(リミテッド・パートナー)投資に徹するかなど各社の投資体制は異なり、そして投資の意思決定プロセスも違ってきます。人材登用についても外部人材の登用や報酬の決め方など様々です。
 関連記事においては、CVCを運営する経営陣やベンチャー・キャピタル、各専門家がCVCについて様々な議論をしています。その中で上記の各CVCの違いを読み取ることができます。

更新日:2022年04月22日

関連記事

キーワードを入力して探す

カテゴリーで探す

五十音順で探す

※追加や必要な用語がございましたら、こちらまでご連絡ください。弊社で検討の上、反映させていただきます。