レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー法
英語:Discounted Cash Flow Method
略称:DCF法
DCF法とは、事業活動から将来獲得されるキャッシュフロー予測額などを適当な割引率により現在価値に還元評価する方法をいう。

関連記事

スキルアップ

[西山先生のM&A基礎講座 [企業価値評価とコーポレートファイナンス]]

【第6回】DCF法

 西山 茂(早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授 公認会計士)

スキルアップ

[西山先生のM&A基礎講座 [企業価値評価とコーポレートファイナンス]]

【第3回】投資家が期待する儲けのレベルは? - 資本コストとWACCについて

 西山 茂(早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授 公認会計士)

スキルアップ

[西山先生のM&A基礎講座 [企業価値評価とコーポレートファイナンス]]

【第2回】儲けはキャッシュフローがベース

 西山 茂(早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授 公認会計士)

スキルアップ

[「M&A入門」~M&A戦略立案からPMIまで~]

第2部 「エグゼキューション」

 長谷山 京佑(プライスウォーターハウスクーパース マーバルパートナーズ(現PwCアドバイザリー合同会社) シニアアソシエイト)

M&A戦略・実務

2014年8月号 238号

[M&A戦略と会計・税務・財務]

第86回 デュー・ディリジェンスについて

 山岡 久之(プライスウォーターハウスクーパース パートナー)

スキルアップ

[西山先生のM&A基礎講座 [決算書の見方]]

【第3回】損益計算書:儲けの構造を見る

西山 茂(早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授 公認会計士)

視点・寄稿

2011年7月号 201号

[視点]

企業価値評価とM&A:ファイナンス理論の貢献とFCFの予測期間

神戸大学大学院経営学研究科 教授 砂川 伸幸

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム