レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

ファイナンシャル・トンネリング
英語:Financial Tunneling
ファイナンシャル・トンネリングとは、親会社などの支配株主が、会社や事業に関する立場や私的情報を優位に持つことを利用し、会社の持分を第三者割当増資や株式市場での取引で変化させることにより利益を得る非倫理的(不正を含む)取引をいう。親子上場問題で主に指摘される。

トンネリングとは、支配側が被支配側の利益や資産を搾取することをいう。

例えば、親会社という立場から特別に取得できる情報によって子会社の株価が割安であると判断した場合、第三者割当増資を引受けて持分を増加させ、自社の利益を獲得し、一方で少数株主の利益を犠牲にするという行為が挙げられる。


最終更新日 2020/7/7

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム