レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

対談・座談会

会社法見直しへの提言  --日本型コーポレート・ガバナンスの再構築

座談会・インタビュー

2011年6月号 200号

会社法見直しへの提言 --日本型コーポレート・ガバナンスの再構築

加護野 忠男 甲南大学 特別教授(神戸大学名誉教授)
宍戸 善一 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授
司会・構成 川端久雄(マール編集委員、日本記者クラブ会員)

グローバル成長戦略とM&A立案のポイント ~グローバル競争の中で生き残るためのM&A戦略を考える時に経営陣が行わなければならないことは何か~

座談会・インタビュー

2011年5月号 199号

グローバル成長戦略とM&A立案のポイント ~グローバル競争の中で生き残るためのM&A戦略を考える時に経営陣が行わなければならないことは何か~

太田 一郎 (野村総合研究所 コーポレートファイナンスコンサルティング部長兼 PA推進室主席)
岡 俊子 (アビームM&Aコンサルティング社長)
平尾 彰章( A.T. カーニー パートナー)

日本におけるPEファンド活性化に向けて--なぜ、日本にPEファンドが定着しないのか

座談会・インタビュー

2011年3月号 197号

日本におけるPEファンド活性化に向けて--なぜ、日本にPEファンドが定着しないのか

朝倉 陽保(産業革新機構専務取締役/COO)
安東 泰志 (ニューホライズン キャピタル取締役会長兼社長)
林 竜也(ユニゾン・キャピタル パートナー)
深沢 英昭(東京海上キャピタル社長)
司会 マール編集委員 池田 耕造

会社法見直しへの提言――立法担当経験者の視点から

座談会・インタビュー

2010年12月号 194号

会社法見直しへの提言――立法担当経験者の視点から

葉玉 匡美 弁護士(TMI総合法律事務所)
郡谷 大輔 弁護士(西村あさひ法律事務所)
司会・構成 川端 久雄(マール編集委員、日本記者クラブ会員)

事業再生ADRとM&A――活用と融合に向けて

座談会・インタビュー

2010年6月号 188号

事業再生ADRとM&A――活用と融合に向けて

出席者松嶋 英機 弁護士(事業再生実務家協会代表理事、西村あさひ法律事務所代表パートナー) 坂井 秀行 弁護士(坂井・三村・相澤法律事務所)司会・構成 川端 久雄 (マール編集長 日本記者クラブ会員)

会社法の検証と今後課題――M&A、締め出し、企業結合法制の視点から

座談会・インタビュー

2010年1月号 183号

会社法の検証と今後課題――M&A、締め出し、企業結合法制の視点から

森本滋 同志社大学大学院司法研究科 教授(京都大学名誉教授)
稲葉威雄 弁護士

国家とM&A ――公的資金注入と倒産法制

座談会・インタビュー

2009年12月号 182号

国家とM&A ――公的資金注入と倒産法制

 出席者 高木 新二郎 弁護士、野村証券顧問/山本 和彦 一橋大学大学院法学研究科教授/司会・構成 川端久雄(マール編集長、日本記者クラブ会員) 

座談会「世界不況下で日本のM&Aを成功に導く方策――経営戦略、ポストM&A(PMI)の視点から」

座談会・インタビュー

2009年7月号 177号

座談会「世界不況下で日本のM&Aを成功に導く方策――経営戦略、ポストM&A(PMI)の視点から」

三品和広 神戸大学大学院経営学研究科教授
西口尚宏 マーサージャパン代表取締役
松江英夫 デロイトトーマツコンサルティング取締役

防衛策の検証と日本の企業買収ルールの今後のあり方――世界的金融危機とグローバル化の中で

座談会・インタビュー

2009年1月号 171号

防衛策の検証と日本の企業買収ルールの今後のあり方――世界的金融危機とグローバル化の中で

出席者 神田 秀樹(東京大学 教授) 藤縄 憲一 弁護士(長島・大野・常松法律事務所) 司会・構成 川端 久雄(マール編集長、日本記者クラブ会員)

21世紀ニッポンの「会社のかたち」とM&A

座談会・インタビュー

2008年7月号 165号

21世紀ニッポンの「会社のかたち」とM&A

冨山和彦 経営共創基盤代表取締役CEO(元産業再生機構COO)、新原 浩朗 経済産業省産業組織課長、司会・構成 川端 久雄(マール編集長、日本記者クラブ会員)

市場型M&Aの到達点と今後の課題―日本が進むべき道

座談会・インタビュー

2008年1月号 159号

市場型M&Aの到達点と今後の課題―日本が進むべき道

上村達男早稲田大学法学学術院長・法学部長
大楠泰治クレディ・スイス証券マネージングディレクター
三笘裕弁護士(長島・大野・常松法律事務所)

三角合併解禁と日本のM&Aの今後の課題―株式が国際買収通貨になる時代の幕開け

座談会・インタビュー

2007年7月号 153号

三角合併解禁と日本のM&Aの今後の課題―株式が国際買収通貨になる時代の幕開け

落合誠一 中央大学法科大学院教授(内閣府経済社会総合研究所M&A研究会座長、M&Aフォーラム会長)
渡邊健樹 外国法(NY州)事務弁護士(スキャデン・アープス)
五嶋賢二 経済産業省産業組織課長

敵対的TOB時代を迎えた日本の買収法制の現状と課題―金融商品取引法の要点

座談会・インタビュー

2007年1月号 147号

敵対的TOB時代を迎えた日本の買収法制の現状と課題―金融商品取引法の要点

岩原紳作 東京大学法学部教授(金融審議会・公開買付等ワーキング・グループ座長)
ディビッド・A・スナイダー外国法(ニューヨーク州)事務弁護士(シンプソン・サッチャー&バートレット)
乗越秀夫 外国法(英国)事務弁護士(リンクレーターズ)
石綿学 弁護士(森・濱田松本法律事務所)

日本のM&A税制の到達点と改革の視点

座談会・インタビュー

2006年7月号

日本のM&A税制の到達点と改革の視点

岡村忠生 京都大学教授(法学研究科、税法)  太田洋 西村ときわ法律事務所パートナー弁護士  貞森恵祐 経済産業省産業組織課長  司会・構成 川端久雄  

大変革の年、どうなる日本のM&A

座談会・インタビュー

2006年1月号

大変革の年、どうなる日本のM&A

藤縄 憲一 弁護士 (長島・大野・常松法律事務所) 渡辺 章博GCA代表(公認会計士) 畠山 康 ラザードフレール社長 司会・構成 川端 久雄 (マール編集長、日本記者クラブ会員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム