レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2018年9月号 287号

(2018/08/15)

【M&Aクラウド】テクノロジーの力でM&Aに流通革命を起こす

及川 厚博(代表取締役CEO)
及川 厚博氏
及川 厚博氏
 M&Aクラウドは2015年12月、及川厚博(代表取締役CEO)と前川拓也(代表取締役COO)によって設立されたM&Aマッチング・プラットフォームの運営会社。

 買い手担当者と売り手をダイレクトに結ぶM&Aマッチングサイト「M&Aダイレクト」を運営、譲渡案件が毎月15社以上登録され、急成長を遂げている。

「M&Aダイレクトは、買収を考えている多くの上場企業経営者やシリアルアントレプレナーを中心に何度もヒアリングを行い、開発したプロダクトです。買い手企業の課題として、買収をしたくても、自分の人脈以外でM&A業者を使う以外に売り手とコンタクトを取れる手段はほぼありませんでした。大手M&A仲介業者からの案件は面談するだけで100万円かかったり、自社の中にM&A人材が育ってきた買い手企業の中には、アドバイザーに最低2000万円もの手数料を要求されたりしてコスト面の不満がありました。また、売り手との間に業者がいることで相手の経営者と本音で語る場が作れないという悩みもあったのです。M&Aダイレクトは、買い手企業自身に社名と買収条件、買収実績をオープンにしてもらうことで、売り手企業が自社に合った買い手をリストアップして担当者に直接問い合わせできるサービスです」と、及川氏。

 及川氏は、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム