レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

2018年3月号 281号

(2018/02/15)

第156回 生命保険業界~大型IN-OUT・保険ショップ買収の増加に加えて国内再編の機運も高まる

 澤田 英之(レコフ 企画管理部 リサーチ担当)

1.大手生命保険の大型IN-OUT(2014年~2015年発表)とその後の展開

  2014年~2015年、大手生保(文末※1参照)が相次いで大型IN-OUTを発表した(図表1参照)。

(図表1)

  中でも2014年に発表された第一生命保険(現 第一生命ホールディングス)による米国生保のプロテクティブ買収は大きな注目を集めた。プロテクティブは1907年創業の米国本土で生保事業を展開する中堅保険グループである。注目された理由は日本の生保業界で当時最大規模のM&Aであったことや、世界最大の米国生保市場への初めての本格的な進出だったからだ。

  第一生命はプロテクティブ買収後、同社を拠点にM&Aを通じて事業規模の拡大や収益源の多様化を図ってきた。

  2015年には米国保険会社のRiver Lake Insurance CompanyとRiver Lake Insurance Company IIから定期保険ブロック(文末※2参照)を再保険形式で譲り受けると発表した。再保険形式の取得は事業会社を買収する場合と比較して、事務システムや従業員の引き継ぎ、統廃合が不要といったメリットがあると言われている。譲り受けた契約の維持・管理、保険金の支払い等はプロテクティブが引き受けている。

  2016年には米国保険会社のユナイテッドステイツワランティコーポレーション買収を発表した。同社は車両などの機械の故障費用や全損時のローン残高相当分を保償するアセットプロテクション事業を米国46州で展開してきた。

  これらのM&Aにより、2015年3月期には10%を下回っていた第一生命の経常収益における海外売上比率は、2017年3月期には21%に上昇した。

  そして2018年、プロテクティブは米国のLiberty Life Assurance Company of Bostonにおける個人保険・年金既契約ブロックの取得を発表。プロテクティブにとっては1400億円という過去最大規模の案件となり2018年4~9月に完了の見込みである。

  2015年には

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム