レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールM&Aセミナー]

(2020/06/10)

第34回マールM&Aセミナー(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター 長瀬 裕介氏)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第34回 
PEファンドによる事業再生の実務 ~中小企業が取るべき事業再生の道筋~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■講演者:長瀬 裕介氏(ニューホライズンキャピタル株式会社 マネージングディレクター)
 
 ■日 時:2020年6月10日(水) 13時30分~15時00分 
 
 ■概 要:

日本には多くの企業が存在しますが、「経営不振に陥る中小企業」には特徴があります。 事業再生を成功に導くには、経営不振に陥る中小企業の特徴を理解し、必要な施策を、時間軸を間違えず、手順打順を正しく、丁寧かつダイナミックに進めていくことが重要です。 本セミナーでは、ニューホライズンキャピタルが過去に実施した再生案件の実例を挙げ、投資実行前において検討すべき点や関連当事者との交渉のポイント、投資後に実施した抜本的な経営改革手法についてご紹介します。

●ながせ・ゆうすけ
あずさ監査法人に7年間勤務。製造業、商社、情報通信業の企業を中心とする監査、IPO支援業務等に従事。成長過程にある企業の経理全般、管理会計の整備等を経験。 2013年にニューホライズンキャピタルに入社し、投資実行、投資後のハンズオン支援からEXITに至る一連の業務を担当。特に再生案件における金融調整、リストラクチャリングから投資実行後の経営企画・管理部門の強化を担当。丸茂工業案件では取締役として投資直後の原価計算制度の構築からEXITまで一貫して関与し、CFOを補佐・監督した。その他、万葉軒の監査役、たち吉の取締役を歴任。横浜国立大学経済学部卒。

参考記事

[スキルアップ]【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス (2020/06/04)

[特集・特別インタビュー]【PEファンドのトップが直言】公的年金資金の一部を民間・独立系PEファンドに分配して、企業再生支援の体制構築を [2020年6月号]

[座談会]中小企業の事業承継・再生支援とPEファンドの役割 [2019年4月号]

[座談会]企業価値創造に向けた経営改革とは [2016年3月号]

[Webインタビュー]【第21回】PEファンドから見た「金融円滑化法」終了後の打開策 (2012/12/19)

 ■参加費:
【無料会員様】22,000円
【有料会員様】M&A専門誌「マール」購読者
・A/B/EXコース6,000円
・Cコース10,000円
レコフM&Aデータベースご契約者6,000円
 ■定 員:50名(先着順)
 ■形 式:オンラインセミナー


 

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

ベトナムの製菓業界

スキルアップ

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

NEW ベトナムの製菓業界

谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム