[M&Aの現場から]

2021年12月号 326号

(2021/11/10)

【ブルパス・キャピタル】経営コンサルティング出自のバリューアップを強みとしたPEファンド

梅村 崇貴(ブルパス・キャピタル 代表取締役)
  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
梅村 崇貴氏

梅村 崇貴氏

 ブルパス・キャピタルは、2020年11月梅村崇貴(たかき)氏によって設立されたプライベートエクイティ(PE)ファンド

 梅村氏は、名古屋大学経済学部を卒業後、新日本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)入所、2008年にフロンティア・マネジメントに参画。主にPEファンド投資企業や再生支援企業の常勤役員としてし、経営改革、成長戦略、M&A戦略の実行に従事してバリューアップを実現。2020年11月にブルパス・キャピタルを創業し、代表取締役に就任した。「ターンアラウンド・マネージャーの実務」、「続・事業再生とバイアウト」(共著)を執筆。

「2010年代後半からPEファンドの投資先へのコンサルティング案件が非常に増えてきました。M&Aの前工程ともいえるソーシングからエグゼキューションのフェーズと後工程のバリューアップを分けて整理すると、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事