レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

スクイーズアウト
英語:Squeeze-out
スクイーズアウトとは、少数株主を対象会社から排除して、完全子会社化を行う取引のことをいう。上場会社案件におけるスクイーズアウトを用いた取引は、第一段階にTOBによる株式取得により少なくとも議決権の2/3超の取得、第二段階に少数株主を強制的に排除するためのスクイーズアウト取引という流れが一般的である。MBOにおける株式非公開化、親会社による上場子会社の完全子会社化などの場面に用いられる。

関連記事

座談会・インタビュー

2017年3月号 269号

[対談・座談会]

[座談会] M&Aにおける第三者委員会の現状と課題

 岡 俊子(株式会社岡&カンパニー 代表取締役)
 白井 正和(同志社大学法学部 准教授(現教授))
 仁科 秀隆(中村・角田・松本法律事務所 弁護士)(司会)(五十音順)

M&A戦略・実務

2017年2月特大号 268号

[M&A戦略と会計・税務・財務]

第116回 「第4次産業革命」と平成29年度税制改正

 荒井 優美子(PwC税理士法人 タックス・ディレクター)

M&A戦略・実務

2016年10月号 264号

[M&A戦略と法務]

新しいスクイーズアウト手法に関する実務動向の考察と今後の課題

 谷口 達哉(TMI総合法律事務所 弁護士)

M&A戦略・実務

2008年12月号 170号

[M&A戦略と会計・税務・財務]

第18回M&Aにおける株式・新株予約権の税務上の留意点

税理士法人プライスウォーターハウスクーパース マネージング・ダイレクター 税理士・公認会計士荒井優美子

M&A戦略・実務

2007年12月号 158号

[M&A戦略と会計・税務・財務]

第6回 スクイーズアウトの手法と税務の留意点

税理士法人プライスウォーターハウスクーパース マネージング・ディレクター 税理士・公認会計士荒井優美子

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム