レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」(日本政策投資銀行)]

(2019/07/24)

【第4回】株式会社きらぼしコンサルティング

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部
4_DBJ_1


 地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」。第4回では、東京きらぼしフィナンシャルグループの株式会社きらぼしコンサルティングを訪問し、今泉富美夫(いまいずみ ふみお)常務取締役、荒井純寿(あらい すみとし)執行役員企業情報部長、加藤輝之(かとう てるゆき)企業情報部シニアマネージャーにお話を伺いました。

 東京きらぼしフィナンシャルグループ(東京きらぼしFG)は、2014年10月に東京都民銀行と八千代銀行の経営統合により設立された持株会社・東京TYフィナンシャルグループを母体とし、2016年4月に新銀行東京がグループに参画した後、2018年5月に行われた3行合併による「きらぼし銀行」の誕生とともに、現在の名称に変更されています。

 東京きらぼしFGは、東京都と神奈川県を主要な営業地域とするきらぼし銀行を中核に、グループのコンサルティング機能を担うきらぼしコンサルティングや、エクイティ支援等を行うきらぼしキャピタルから構成されており、「首都圏においてお客さまから真に愛される地域No.1の都市型地銀グループ」を目指して、地域社会の発展に貢献しています。

 その中でも中心的な取り組みのひとつとして、コンサルティングサービスの提供が位置づけられており、M&A支援についても重要な業務として、首都圏に取引先を有する「都市型地銀グループ」の強みや特徴を活かした業務が展開されています。

1.M&A業務の戦略的・組織的位置づけ

 東京きらぼしFGのスタートとともに発表された中期経…

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】 事業ポートフォリオマネジメント

スキルアップ

[【コーポレートガバナンス】よくわかるコーポレートガバナンス改革~日本企業の中長期的な成長に向けて~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)]

NEW 【第3回】 事業ポートフォリオマネジメント

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

『公正なM&Aの在り方に関する指針』の解説

視点・寄稿

[寄稿・寄稿フォーラム]

NEW 『公正なM&Aの在り方に関する指針』の解説

玉井 裕子(長島・大野・常松法律事務所 パートナー)
西村 修一(長島・大野・常松法律事務所 パートナー)
濱口 耕輔(長島・大野・常松法律事務所 パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム