レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」]

(2020/03/18)

【第12回】山梨中央銀行 コンサルティング営業部・西東京コンサルティング営業部

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部
foto
コンサルティング営業部・西東京コンサルティング営業部 事業承継・M&A推進チーム
上段:左から近藤彰コンサルティング営業部調査役、内田博之西東京コンサルティング営業部調査役、足達洋一コンサルティング営業部主任調査役、立花利彦コンサルティング営業部調査役、三井英幸西東京コンサルティング営業部調査役
下段:左から広瀬哲郎西東京コンサルティング営業部副部長、巽 賢司執行役員コンサルティング営業部長、勝俣賢一コンサルティング営業部副部長、内藤幹コンサルティング営業部主任調査役

  地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」 。 第12回では、山梨中央銀行を訪問し、巽賢司(たつみ けんじ)執行役員コンサルティング営業部長、コンサルティング営業部 コンサルティング営業室 事業承継・M&A推進チームの内藤幹(ないとう みき)主任調査役、足達洋一(あだち よういち)主任調査役、近藤彰(こんどう あきら)調査役、立花利彦(たちばな としひこ)調査役、及び西東京コンサルティング営業部 西東京コンサルティング営業室で事業承継・M&A業務を担当する内田博之(うちだ ひろゆき)調査役、三井英幸(みつい ひでゆき)調査役、由井健太(ゆい けんた)調査役にお話を伺いました(以下、コンサルティング営業部の事業承継・M&A推進チームと西東京コンサルティング営業部の事業承継・M&Aの担当者を総称して、「事業承継・M&A推進チーム」と記載します)。 

 山梨県及び西東京地区を主要な事業基盤とする山梨中央銀行では、『地域密着と健全経営』という経営理念のもと、地域の課題である事業承継と成長戦略の支援に積極的に取り組むため、グループ会社で提供していたM&A業務を山梨中央銀行でも開始し、2019年に事業承継・M&A推進チームを発足させました。そのような組織改定の経緯と成果について伺いました。 

1.M&A業務の戦略的・組織的位置づけ 

 山梨中央銀行は、1877年(明治10年)の第十国立銀行としての創業以来、山梨県の殖産興業の担い手としての使命を果たすべく、幾多の苦難を乗り越えて今日に至っています。このような中で経営理念である「地域密着と健全経営」に基づき、現在の環境変化を踏まえて山梨中央銀行グループの向かうべき方向性を示すため、長期ビジョン「Value Creation Bank」と中期経営計画「Value+ 2022」(対象期間:2019年度~2021年度)を策定して、2027年の創業150年を見据えた諸施策を展開しています。 

  中期経営計画「Value+ 2022」 は、「顧客接点拡充~すべてのお客さまと繋がる銀行を目指して~」「共通価値創造~新たな環境を生き抜く銀行を目指して~」「人材活力向上~多様な人材が輝く銀行を目指して~」という三つの基本戦略から構成されますが、M&A・事業承継業務は、このうちの二つと密接に結びついています。 

 まず、「共通価値創造」における深化させるべきコンサルティング機能としてM&A・事業承継を掲げ、地域の課題である事業承継へしっかりと対応していくことを目指しています。 

 それに加えて、「顧客接点拡充」で掲げている西東京地区への集中投資の中に事業承継・M&Aチームの拡充も含まれ、西東京地区における山梨中央銀行の顧客基盤の強化を担うことが期待されています。 

  「今回の中期経営計画の一つのテーマは西東京地区の強化となっていますが、そもそも山梨中央銀行には西東京地区も地元という考えが脈々と流れています。西東京地区(神奈川県を含む)に15支店・1営業所を有し、八王子市では52年、それ以外の中央線沿線でも40年を超える業務実績があります。地域金融機関が域外進出をする際には、顧客企業の関係先や地元出身者の経営する企業と取引を始めることが多いですが、西東京地区ではそういった地縁・血縁に頼ることなく取引先を一社ずつ開拓してきました。そのような積み重ねにより、山梨中央銀行を西東京地区の地元の金融機関として受け容れていただいてきました」(内藤主任調査役)そのような基盤を背景に、山梨県内の店舗の最適化や本部の業務革新により創出した経営資源を西東京地区へ集中投資することで、西東京地区の深耕を図っています。 

  この基本戦略に対応して、西東京地区におけるM&A・事業承継を含む法人向けのソリューション機能の強化を図るため、2019年6月に西東京コンサルティング営業部を新設しました。これまでは、法人推進部内の西東京推進室という位置付けでしたが、法人推進部が組織改定されたコンサルティング営業部と同じ「部」に昇格させ、人員配置の重点化も進めていきます(図1参照)。 

  山梨中央銀行では、M&A・事業承継業務は、コンサルティング営業部コンサルティング営業室及び西東京コンサルティング営業部西東京コンサルティング営業室の事業承継・M&A推進チームが担っています。 

  金融機関を取り巻く環境変化に対応し、顧客の期待に応えるためにはコンサルティング機能の強化が不可欠であるという判断のもとに、コンサル


続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第117回】【メディアドゥHD】地元金融機関、メディアと組んで「一般社団法人徳島イノベーションベース」を立ち上げた狙い

座談会・インタビュー

【第2回】 M&Aにおけるコミュニケーションの実践

スキルアップ

[【IR戦略】海外M&Aを成功に導くためのコミュニケーション戦略(アシュトン・コンサルティング)]

NEW 【第2回】 M&Aにおけるコミュニケーションの実践

ダン・アンダーウッド(アシュトン・コンサルティング 最高経営責任者)

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム