レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A関連本紹介]

(2020/12/11)

ASEAN M&A時代の幕開け

中堅・中小企業の成長戦略を描く

日本M&Aセンター海外事業部 /編著
編者名:日本M&Aセンター海外事業部  
出版社名:日本経済新聞出版
定価:1,650円
発行日:2020年12月11日 
   サイズ:四六判 248頁 
詳細・ご購入はこちら(外部サイトが開きます)
本書は、中堅中小企業経営層に向け、東南アジア(ASEAN)でのM&Aという「成長戦略」を示すものである。
日本国内市場は、人口減少・高齢化等により縮小の一途にある。この状況下で企業が生き残るためには、世界規模でのビジネス展開が必須となる。とはいえ、東証一部上場企業の約50%が海外進出を果たしているのと比較して、中小企業は約4%。ほとんどが海外進出に目を向けていないのが現状である。
だが、昨今の社会状況でテレワーク化が進み、距離や国境によるハードルは低くなっている。中小企業経営者の目を海外に向けさせるには絶好の機会といえよう。
海外への新規進出は時間がかかるが、M&Aなら海外マーケットにすぐ参入することができる。スピード感ある事業継続・拡大を実現できるのだ。人材やネットワークといった経営資源が限られている中堅中小企業こそ、海外M&Aは有効な手法なのである。 特に本書は対象とするマーケットを、成長・拡大が著しいASEANに絞った。東南アジアは地理的に近く、時差は1~2時間。親日派も多く、人材マネジメントが行いやすいことが利点である。
5カ国(シンガポール・マレーシア・インドネシア・ベトナム・タイ)でのM&A成約事例を紹介しながら、日本M&Aセンター海外事業部ならではの成功に導くノウハウを開示。中堅中小企業にとって、優秀な海外人材やローカルネットワークを獲得する“M&Aによる海外進出"を、より身近なものとする。

※下記日本経済新聞出版ホームページより引用
https://nikkeibook.nikkeibp.co.jp/item-detail/32372

関連記事

視点・寄稿

2020年10月号 312号

[寄稿・寄稿フォーラム]

ASEAN諸国におけるM&A市場の動向とコロナ禍の影響 - 直近の市場動向の概説と今後のシナリオ予測 -

吉岡 雅博(KPMGシンガポール事務所パートナー)
西嶌 宏之(KPMG FASパートナー)

M&A戦略・実務

2019年1月号 291号

[M&A戦略と法務]

マレーシアにおける公開情報に限定した法務デューディリジェンスの実務

三澤 充(TMI総合法律事務所、現在マレーシア・クアラルンプールのChooi & Company + Cheang & Ariff法律事務所に出向中)

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム