[寄稿・寄稿フォーラム]

2020年3月号 305号

(2020/02/17)

オーナー会社売却における売主目線の要諦

~会社売却主体者が押さえておくべきこと~

宮﨑 淳平(ブルームキャピタル 代表取締役)
  • A,B,EXコース
 多くの典型的なM&A取引には買主と売主が存在する。世には買主側から見たM&Aのノウハウを記した書物等が多数存在し、また経験者も多く存在するが、その一方で売主側から見たM&Aのノウハウを記した書物等は未だ非常に乏しい状況にある。そのような課題意識の元、本稿ではこの「売却側M&A」における、その要諦について取り上げたい。なお、本稿では株式の過半数を有するオーナー系非上場会社を念頭におきたい。


会社売却で何を実現したいか?

 M&Aの社会的意義というのももちろん重要であるが、ここではオーナー企業の売主にとって、M&Aにより何を得たいのか?ということを考えてみたい。M&Aの目的は様々であるが、多くのオーナー系非上場会社のM&Aにおいて売主側にとっての成功の定義とは、以下のポイントを実現するものであることが多い。これらを文書化して理解している売主は少ないが、売主へのヒアリングを通して、売主が未経験故に知らない条件的事項などの潜在的なものも含めた売主の希望を聞いていくと大抵このような結果になる。

売主の実現したい事項(潜在ニーズ含む)

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事