レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[特集・特別インタビュー]

2020年10月号 312号

(2020/09/07)

窮地に立たされる医療機関の再編と「地域ヘルスケア連携基盤」の活動

武藤 真祐(地域ヘルスケア連携基盤 代表取締役会長)
本インタビューは、M&A専門誌マール 2020年10月号 312号(2020/9/15発売予定)の特集記事です。速報性を重視し、先行リリースしました。
武藤 真祐(むとう・しんすけ)

武藤 真祐(むとう・しんすけ)

1996年東京大学医学部卒業(MD)。2002年東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)。2014年INSEAD Executive MBA。18年Johns Hopkins MPH。東大病院、三井記念病院にて循環器内科に従事後、宮内庁で侍医を務める。その後マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、10年医療法人社団鉄祐会を設立。15年には、シンガポールでTetsuyu Healthcare Holdingsを設立しアジアでサービスを開始。17年「地域ヘルスケア連携基盤」(CHCP)を設立。東京医科歯科大学臨床教授、日本医療政策機構理事。

医療機関の経営悪化が大きな問題

―― COVID-19(新型コロナウイルス感染症:以下新型コロナ)の拡大で病院では看護師が辞めたり、受診される方が少なくなったり、あるいは手術などの通常の医療行為もできなくなるということで、病院経営自体が成り立たなくなってきつつある現状です。まず、新型コロナ禍の医療機関への影響について教えてください。

 「新型コロナ禍によって、患者の側の変化と医療提供者側の変化が起きています。まず分かりやすいのは患者側の変化で、受診控えが起きています。要は通院をすることのメリットと通院しないことのメリットを比較衡量したときに、今までは明らかに通院をして医療を受ける、定期的に医療機関に行くことのメリットを誰も疑いもしませんでしたし、むしろ行かないことのデメリットが非常に意識されていたと思います。

 ところが今回の新型コロナのパンデミックで、病院に行くことによって感染をするかもしれないという、今まで誰も考えたことのないデメリットが出てきました。特に高齢者が新型コロナに感染した時に死亡率が非常に高いということもあって、高齢者を中心に病院に行かなくなったということが1つあります。なかでも、受診が一番減ったといわれているのが耳鼻科です。耳鼻科は気道をいじるので、処置をするときに鼻とか口から飛沫が飛び散ります。また、小児科も、感染を心配して子供を連れてかなくなっています。ということで、初めて、患者が選択をして医療の使い方・利用の仕方を選ぶ状況になったというのが大きな変化です。

 したがって、需給のバランスでいうと、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

ベトナムの製菓業界

スキルアップ

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

NEW ベトナムの製菓業界

谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

【第2回】今後起こりうる4つのシナリオ

スキルアップ

[【企業変革】ポストコロナ時代の経営アジェンダ ~ ゲームのルールが変わる瞬間 ~]

NEW 【第2回】今後起こりうる4つのシナリオ

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム