レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[特集インタビュー]

2012年10月号 216号

(2012/09/15)

コーポレート・ベンチャー・キャピタル「KDDI Open Innovation Fund」を設立したKDDIの狙い

 江幡 智広(KDDI新規事業統括本部 戦略推進部長)
 大野 高宏(同部課長、パートナー推進グループ グループリーダー)

スピード感を持って提携を判断

-- KDDIは今年2月1日、有望なベンチャー企業の支援を目的に、運用総額50億円のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)「KDDI Open Innovation Fund」を設立しました。KDDIとしては初めてのファンドになりますが、設立の背景は?

江幡 「携帯によるインターネット通信が始まったのが1999年です。当社でいうとEZウェブですが、これに関連してモバイル向けのインターネットプラットフォームとそれに紐付けた決済プラットフォームをつくりました。その上にさまざまなコンテンツをもつプロバイダーの方々がモバイル向けにコンテンツを提供し始めたわけです。さらに2000年くらいから、例えば通信会社が異なると携帯メールをやりとりするときのメールの絵文字みたいなものが全部異なって正しく表示されないとかっていうことに対して、それを変換するサービスをプロバイダの方と一緒に提供したり、そのあと携帯ナビ、歩行者ナビ、携帯を使ったカーナビのサービスなどもパートナの方と04年から始めました。こうしたサービスを提供するにあたって、われわれ通信会社が一から全部サービスをつくり上げるというのではスピード感に欠けます。そこで、外部にそういう技術を持っている方々、もしくはそういうノウハウをもっている方々と事業提携という形をしながらサービスを展開するという方法を取ってきたのです。着うたとか、着メロといった音楽系サービスを立ち上げるときもそうですし、電子書籍を配信する仕組みを提供する会社としてソニーや凸版印刷などと組んでブックリスタという会社を10年11月に立ち上げたりしてきました。要は外の方々と一緒に組んで事業をスピーディに進めるということに業界でもいち早く取り組んできたのです」

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム