レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[特集インタビュー]

2016年2月特大号 256号

(2016/01/19)

ギリシャ危機で崩壊の淵に立たされる「ユーロ圏」の今後を読む

 竹森 俊平(慶應義塾大学 経済学部 教授)

竹森 俊平(慶應義塾大学経済学部 教授)
目次

ギリシャ危機発生の背景

-- 2009年のギリシャの財政問題を契機に2010年にユーロ危機が発生しました。これを受けてギリシャへの支援策が11年に行われ、さらに12年にも新たな対策が打ち出されたのにもかかわらず危機は解消せず、ユーログループ(ユーロ圏諸国財相会議)は15年8月、ギリシャへの第3次金融支援プログラムを承認しました。竹森先生は、近著『逆流するグローバリズム』(PHP新書)、『欧州統合ギリシャに死す』(講談社)で、そもそも欧州統合システムの脆弱性が原因であると指摘されています。そこで、ギリシャ危機とユーロ圏の今後について、お話を伺っていきたいと思いますが、まず、ギリシャ危機問題発生の背景からお話しいただけますか。

「ユーロ圏とは、欧州連合(EU)に加盟(28カ国)し、共通通貨ユーロを導入している諸国(19カ国)で形成される経済圏で、1999年1月にEU加盟国中の11カ国で単一通貨ユーロが導入(ユーロ貨幣の流通は02年1月から)されたことからスタートしています。ユーロ圏は、財政統合を伴わないということが大前提でしたが、そうはいっても、通貨と財政を全く別々には扱えないということで、財政規律についても緩い基準が設けられました。財政赤字はGDP(国内総生産)の3%以内、公債残高がGDPの60%以内という『成長・安定協定』が定められ、加盟後もこの基準を満たさなければならないとされたのです。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

「日本ロス」で盛り上がるドンキの海外事業 ~ ローカライゼーションではなく「日本丸出し」がウケる理由

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 「日本ロス」で盛り上がるドンキの海外事業 ~ ローカライゼーションではなく「日本丸出し」がウケる理由

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

中小企業庁が『中小M&A推進計画』を取りまとめ

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム