[M&Aの現場から]

2021年6月号 320号

(2021/05/19)

【GCAテクノベーション】大企業・中堅企業に対して国内外のベンチャー企業との事業提携・M&Aをアドバイス

久保田 朋彦(代表取締役)
  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
久保田 朋彦氏

久保田 朋彦氏

 GCAテクノベーションは2017年、独立系M&AアドバイザリーファームGCAの子会社として設立された。同社の久保田朋彦代表取締役は、設立経緯を以下のように語る。

 「2004年に設立されたGCAは、2008年の上場を機に、シリコンバレーでM&AアドバイザーをしているSavvianを買収しました。それ以来、シリコンバレーから生まれてくるテクノロジー企業を日本の事業会社に紹介し、M&Aや出資という資本取引を通じた技術の取り込みやイノベーション実現のサポートをしています。この活動をする中で、日本のベンチャーキャピタル(VC)の皆さんから、『米国のベンチャーエコシステムを日本でも作るにはどうすればよいか』という課題を5年ほど前に頂きました。

 当時の日本のベンチャー市場は、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

関連記事

バックナンバー

おすすめ記事

アクセスランキング