レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

ポイズン・ピル
英語:Poison Pill
ポイズン・ピルとは、敵対的買収に対する防衛策のひとつ。ライツ・プランとも呼ばれる。新株予約権を活用し、敵対的買収者の買収コストを増大させ、買収意欲を低下させることを目的とする。敵対的買収者が一定割合以上の株式を取得した際に権利行使できるよう設計した新株予約権を予め既存株主に割り当てておくことで、発行済株式数を増加させ敵対的買収者の議決権比率を希薄化させる。

関連記事

視点・寄稿

2011年8月号 202号

[寄稿・寄稿フォーラム]

米国の上場企業に対する日本企業による敵対的株式公開買付け

モリソン・フォースター パートナー・ニューヨーク州弁護士 マイケル・ブラウン

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム