レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

コンバーティブル・エクイティ
英語:Convertible Equity
コンバーティブル・エクイティ(convertible equity)とは、スタートアップ企業が行う資金調達手法の一つで、コンバーティブル・デットから利払いと弁済・償還義務をなくしたものをいう。エクイティ性の資金のため満期がなく、貸借対照表上も資本として計上される。

スタートアップ企業と投資家双方のコストを削減するため、米国の大手アクセラレーターがコンバーティブル・エクイティのひな型を提供し、普及が加速した。
SAFE (Simple Agreement for Future Equity):Y Combinator
KISS (Keep It Simple Security):500 Startups

日本法で類似の商品構成をとるのであれば、有償の新株予約権や種類株式などを軸に設計される。国内においても、有力ベンチャーキャピタルの株式会社Coral Capital(旧500 Startups Japan)が日本版KISSであるJ-KISS型新株予約権及びその手続き書類パッケージを公開している(注1)。


参考文献
(1) 竹内信紀=小川周也「ベンチャー・ファイナンスの新潮流-初期ラウンドにおける資金調達の実務と課題」 商事法務2087号(2015)40頁
(2) 「ベンチャー企業(スタートアップ企業)の資金調達・M&A」 西村あさひ法律事務所編 『M&A法大全(下)〔全訂版〕』 861-920頁 (商事法務, 2019)
(3) 「コンバーティブル投資手段」に関する研究会 『「コンバーティブル投資手段」活用ガイドライン』 (経済産業省, 2020)


(注1)同社ウェブサイト https://coralcap.co/

最終更新日 2021/3/16

関連記事

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

【第106回】【Coral Capital】シリコンバレーの有力VC「500 Startups」の日本メンバーが新たなファンドを立ち上げた理由

James Riney(Coral Capital 創業パートナー CEO)
澤山 陽平(同 創業パートナー)

企業研究

2016年11月号 265号

[M&Aの現場から]

【500 Startups Japan】 シリコンバレーを拠点に、60カ国1500社以上に出資する世界で最もアクティブなシード投資ファンド

 ジェームズ・ライニー(マネージング パートナー、日本代表)
 澤山 陽平(マネージング パートナー)

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム