[M&Aスクランブル]

(2023/06/28)

ソニーグループ SFGIをパーシャルスピンオフ、事業再編はより柔軟に

マール企業価値研究グループ
  • A,B,C,EXコース
 ソニーグループは2023年5月18日、20年に完全子会社化したソニーフィナンシャルグループ(SFGI)のパーシャルスピンオフ(PSO)を検討する、と発表した。PSOは大企業を由来とするスタートアップ企業の創出や企業価値向上に向けた事業再編を促進するため、元の親会社に一部(20%未満)の持ち分を残すスピンオフのことである。このPSOを広く浸透させるべく、PSO税制が23年4月に1年の期間 (24年3月末まで)で導入された。これは、一定の要件(産業競争力強化法の事業再編計画の認定を受けていることなど)を満たせば、株式を20%未満保有しつつ、実質非課税(株式の現物配当を行った親会社や親会社株主の課税が繰り延べられる)で完全子会社を外部に切り出すことが可能になる。日本でPSOは始まったばかりであるが、海外での活用事例では、ドイツのシーメンスが照明事業子会社のオスラムをスピンオフ、80.5%の株式を株主に配分した例(2013年)や米国のアルコアがアルミニウム上流事業をスピンオフし、80.1%を株主に分配した例(2016年)などがある(朝日新聞Digital 論座23年2月8日)。

 ソニーグループはSFGIの株式20%未満を保有することで、…


この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

関連記事

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング