レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[特集インタビュー]

2015年8月号 250号

(2015/07/15)

ミヤタサイクル―― 国産第1号の自転車を生産した名門メーカーが復活をかけて決断した台湾企業との資本提携

 高谷 信一郎(ミヤタサイクル 代表取締役社長)

高谷 信一郎(ミヤタサイクル 代表取締役社長)

ミヤタサイクルは、もともと1890年創業の宮田工業の自転車部門であった。宮田工業はこの自転車事業と消火器・消火設備事業の2つの事業を展開していたが、2008年10月にモリタホールディングス(HD)の連結子会社(09年8月完全子会社化)となった。その後、10年6月に自転車部門がミヤタサイクルとして分社化され、同年8月台湾の大手自転車メーカー美利達工業股份有限公司(Merida:メリダ)がミヤタサイクルの株式30%を取得した。

  モリタHDは14年3月、ミヤタサイクル株式をさらに15%メリダへ譲渡したほか、20%を燃料商社で自転車事業も手がけるシナネンへ、また10%は従業員持株会の導入を前提にミヤタサイクルへ譲渡。これによって現在の持株比率はメリダ45%、モリタHD25%、シナネン20%、ミヤタサイクル10%となっている。13年3月期のミヤタサイクルの売上高は27億円、最終利益は1500万円だった。(なお、宮田工業は、同年7月1日モリタ宮田工業に商号変更するとともに、モリタ防災テックを吸収合併している)

  ミヤタサイクルの高谷社長にとってメリダとの資本提携強化は、かつて海外展開もしていたミヤタブランドのスポーツ自転車を復活させて収益拡大を図るため、商品開発力の強化及び生産効率化を実現し、メリダの持つ世界的な販路を活用して国内市場ばかりでなく海外販売にも攻勢をかけようという成長戦略上の狙いがあった。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

4月は422件 ベインキャピタル連合、日立金属を買収

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 4月は422件 ベインキャピタル連合、日立金属を買収

【第4回】価値創造のための経営企画機能

スキルアップ

[【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第4回】価値創造のための経営企画機能

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
柳沢 和正(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
呉 文翔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 アソシエイト・パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム