レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[特集・特別インタビュー]

2017年7月号 273号

(2017/06/15)

[PEファンドのトップに投資戦略を聞く④]世界最大規模のPEファンドが対日投資を倍増させる理由

 赤池 敦史(シーヴィーシー・アジア・パシフィック・ジャパン 代表取締役社長 パートナー)

赤池 敦史(あかいけ・あつし)

2兆円の7号ファンドがクローズ

-- シーヴィーシー・アジア・パシフィックジャパン(CVCジャパン)は、世界最大規模のPEファンドである英国のCVC Capital Partners(CVC)の日本法人として2003年に設立されました。そのCVCが約2兆円の新たなファンドを最終クローズしましたね。

「CVCは、1981年にイギリスで創業され、93年にシティグループよりMBOで独立し、現在23カ国に25拠点を有する、世界最大規模の資金力とネットワークを有する投資会社です。日本オフィスではおっしゃるように03年に拠点開設されました。CVCが現在運営するファンドは2つありまして、1つが欧米企業を対象としたグローバルファンド、もう1つが約4000億円のアジアファンド(Asia Pacific IV Fund)です。グローバルファンドは7号ファンドを5月末に約2兆円規模で最終クローズしました。また、アジアファンドについては現在約40%が投資済みとなっていますので、近い将来5号ファンドを設立する可能性がございます」

-- ファンドを2つに分けているのはどのような狙いがあるのですか。

「グローバルファンドの場合は、1件当たり最低でもエクイティで300~500億円という投資規模で、ほとんどが企業価値1000億円を超える投資を対象としています。その点、アジアの場合は1件当たり投資金額がそれほど大きくありませんし、機動的な運用を行うということも考えて約4000億円という規模にしています」

-- 日本企業への投資は、このアジアファンドから行われているわけですね。

「基本的にはそういうことになります。ただ、グローバルファンドも約20%は欧米以外のどこの国の投資案件にも使えるという立てつけになっていますから、例えばグローバル7号ファンドの場合は、約2兆円のうちの20%、4000億円はアジアの案件でも使えます」

不可逆的な日本の構造変化を捉えて

-- アジアファンドの主要な投資実績としてはどの国が多いですか。

「アジアファンドの投資の約半分が実は日本ではなく東南アジアです。東南アジアは客観的に申し上げて・・・

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

伊藤忠商事<8001>、ユニー・ファミリーマートHD<8028>をTOBにより買収

速報・トピックス

ブラックロックからの書簡をM&Aの視点から考える

速報・トピックス

TOBと株式交換における買収プレミアムの違いを考える

速報・トピックス







M&A専門誌 マール最新号



株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ
M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム